SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エクスペディア、新たなマーケティングキャンペーンの展開とブランドの刷新を発表

 総合旅行ブランドのエクスペディアは、2月20日、日本でのサービス開始から2024年で18周年を迎えるに際し、新たなマーケティングキャンペーンの展開とブランド刷新を発表した。

 同グループはこれまで海外OTAを提供し、日本国内・海外のアウトバウンド旅行の促進や、海外旅行者の日本への流入を後押ししてきた。また、グローバルでのリーチやデータ、テクノロジーを活用してパートナー企業や日本企業の支援も行っている。

 今回同グループは、日本市場をターゲットにテレビ、ラジオ、ソーシャルメディア、OOHなどで新たなマーケティングキャンペーンを開始。「目的のある旅行とその旅行への情熱」に焦点を当てた複数パターンのマイクロストーリーを展開する。

 加えて、日本市場向けに「いつものそとへ」という新ブランドメッセージも発表。同時に「Two Step」というタイトルのCM動画の放映も開始する。

 同ブランド刷新に関して、同グループのブランド統活であるジョン・ギーゼルマンは次のように述べている。

 「日本でのリブランドにあたり、私たちの目標は、目的を持った旅行を支援するためのプラットフォームを構築すること、現代の旅行者の考え方を理解し共感することです。『いつものそとへ』は日本市場向けに新たに考案されたもので、コロナ禍を経た今の旅行者を理解し、旅行に対する人々の根本的な欲求を支援するための私たちの姿勢を示しています」

【関連記事】
ISID、商号変更に向けて新ブランドロゴを制定 「人」と「×」がモチーフ
カンター、2024年版・日本のブランド価値トップ50発表 TOYOTAが首位継続、ユニクロは26%増
Z世代の消費価値観/価格よりもブランド価値重視の傾向【テテマーチ調査】
電通デジタル、新たなサービスブランド「∞AI」を発表 マーケティングを支援する4つのサービスを開始
BitStar、ブランドリーチを効果的に拡大するパッケージプラン開始 ショート動画を複数媒体で活用

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/02/20 13:30 https://markezine.jp/article/detail/44929

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング