SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

住友不動産ら、モビリティAIサイネージ「WE TRUCK」の実証実験を実施 AIカメラで視認分析

 住友不動産商業マネジメント(以下、住友不動産)とWE TRUCKは、商業施設およびイベントのモビリティAIサイネージ活用において実証実験を行う。

 同実験は、2024年6月28日・29日に東京都江東区の有明GYM-EXで開催する子育てイベント「第2回Thanksママフォーラム」にて実施。開催2週間前よりイベントの告知をモビリティAIサイネージ「WE TRUCK」で複数エリアにて実施し、イベント告知や来場促進、商圏/来場計測を行う。

イメージ
イメージ

 「WE TRUCK」に搭載したAIカメラによってイベント告知を放映したサイネージの視認数・性別・年代を解析し、効果測定とともにターゲティングに活用する。加えて、イベント会場内にもモビリティAIサイネージを設置し、パブリックビジョンとしてプログラムや協賛企業を紹介する。

【関連記事】
アドインテとベクトルデジタル、サイネージ型IoT自販機を広告活用する「AIICOサイネージ」を開発
アドインテ、ツルハグループのリテールメディアの新たな広告メニューを提供 アプリやサイネージを活用
月額2千円から使えるデジタルサイネージ配信システム「Maroon」が正式リリース 店舗ごとに入稿も
タクシーサイネージメディア「GROWTH」、画面にスマホをかざすと情報を取得できる機能を搭載
ファミリーマート、デジタルサイネージ設置10,000店を達成 地域単位の配信や分析などメニュー拡充へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/06/19 08:45 https://markezine.jp/article/detail/45974

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング