SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

月額2千円から使えるデジタルサイネージ配信システム「Maroon」が正式リリース 店舗ごとに入稿も

 デジタルサイネージにおけるプラットフォーム開発に取り組むUltra FreakOutは、2024年1月にβ版をリリースした、デジタルサイネージ配信システム「Maroon(マルーン)」の正式版を販売開始した。

 「Maroon」は、全国7万台に展開されているタクシーメディア「TOKYO PRIME」と同様の配信基盤を、1プレイヤーあたり月額2,000円からの導入を可能とした、DOOH(デジタル・アウト・オブ・ホーム)専用システム。広告だけではなく、自社販促、天気・ニュースなどのコンテンツ配信にも対応する。

 正式版では、各店舗のみで配信する動画、静止画(自社広告)を、店舗スタッフ側で入稿できる「店子(たなこ)機能」を追加した。

画像を説明するテキストなくても可

 これにより本部スタッフの自社広告の入稿工数を大幅に削減するとともに、自社広告の配信柔軟性を向上させ店舗側の満足度を上げる狙いだ。

【関連記事】
ファミリーマート、デジタルサイネージ設置10,000店を達成 地域単位の配信や分析などメニュー拡充へ
ナブテスコ、デジタルサイネージ一体型自動ドアを活用した広告配信サービスを2024年4月に開始
UNICORN、リテールメディア向け広告配信プラットフォームと統合型デジタルサイネージを提供開始
タッグ、バーチャルヒューマン接客・案内サービスを開始 デジタルサイネージを活用した販促ツールも搭載
デジタルサイネージ広告の市場規模、2023年は801億円の見通し【デジタルインファクトら調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/05/20 15:30 https://markezine.jp/article/detail/45595

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング