SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

クニエ、「マーケティング部門コスト最適化診断サービス」を提供 部門コストの改善余地を明らかに

 NTTデータグループのコンサルティングファームであるクニエは、6月18日より「マーケティング部門コスト最適化診断サービス」を提供開始した。

 本サービスは、マーケティング部門における「人件費」や「広告宣伝費等」の内訳を調査・診断し、対処すべき課題を整理した上でアクションプランを提案するというもの。

 具体的には、非効率/非生産的な業務や、広告宣伝における投資で成果につながっていない外注コストを洗い出し、取り組むべき重点テーマや施策とその期待効果、優先順位づけ、実現ステップ案などを診断結果としてレポートする。

画像を説明するテキストなくても可
マーケティング部門コスト最適化診断サービスの全体像

 これらにより、部門コストの最適化やマーケティング投資余力の創出が可能になる。

【関連記事】
ギブリーとバイドゥ、業務提携および技術提携を締結 生成AIによるマーケティング自動化・効率化を支援
Criteo、リテールメディアの効果に関する調査レポートを発表 広告展開でROIが平均428%増加
Adjust、機械学習とAIを活用した新製品の提供を発表 ROIの向上を支援
KIYONO、広告費最適化のBIソリューションを提供開始 KGIベースでROIをリアルタイムに可視化
6割超が広告費の高騰を課題視/1年前よりも施策のROIを厳しく問われるように【HubSpot調査】
Adjust、サブスクリプション計測機能をリリース ROIを向上させるLTVモデルの構築が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/06/21 11:00 https://markezine.jp/article/detail/45990

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング