SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

生活者データバンク

タイパ、個人志向、希少性……押さえておきたい「5つの消費トレンド」を男女コーホート分析でひも解く

 生活スタイルや価値観が多様化する現代において、企業がビジネスチャンスを掴むためには、高い解像度での生活者理解が欠かせない。本記事では、消費トレンドとして注目されている「ウェルネス」「コスパ」「タイパ」「個人志向」「希少性」の5つを、コーホート分析を用いて、世代・加齢・時代の3つの軸で分析。その特徴を明らかにしていく。

環境変化を構造的に整理し、消費ニーズを探る

 現在、原材料費やエネルギー価格の高騰、物流コストの上昇などにより、国内のビジネス環境は厳しさを増しています。さらに中長期的に進行してきた、以下の要素もビジネスに大きな影響を与えています。

  • 少子高齢化や景気停滞による市場の成熟化と商品やサービスのコモディティ化
  • インターネットやSNSなど情報接点が増えたことに起因する所属コミュニティ、生活スタイルや価値観の多様化
  • 地球環境の悪化による気候変動や自然災害の増加
  • 緊迫する国際情勢や地政学リスクの高まり
  • 新型コロナウイルスの影響で加速したデジタルトランスフォーメーション(DX)など社会の変化

 これらの変化を見据えて新たなビジネスチャンスを見つけるためには、企業は高い解像度で生活者を理解してインサイトを掴むと同時に、参入市場の代替品・サービスを含めた広い視野で事象や変化を見渡す必要があります。さらに、変化の背景や原因を探ることで、事業やカテゴリへの影響を見越して、将来のニーズや消費行動の変化に対応する準備ができるようになります。

 図表1は、前述した様々な環境の変化が参入カテゴリにどのような影響を与えるかを見通すときに使っているフレームワークです。背景情報を広く収集し、構造的に整理することで、多層的な生活者の理解に基づいた先読みができるようになります。

【図表1】カテゴリへの影響を整理するフレームワーク
【図表1】カテゴリへの影響を整理するフレームワーク(クリックすると拡大します)

注目すべき5つの生活スタイル・価値観

 この図でカテゴリのニーズや消費行動に直結している「生活スタイルや価値観」ですが、いま何に注目すべきなのでしょうか? 今回は、以下の5つの生活スタイル・価値観をピックアップしました。

  1. ウェルネス(心身の健康維持・増進だけではなく美容も)
  2. コスパ(支払った金額に対してどれだけ価値を感じたか)
  3. タイパ(費やした時間や手間に対してどれだけ価値を感じたか)
  4. 個人志向
  5. 希少性

 「健康」は長年の関心事でしたが、今は「身体の健康だけではなく心身の健康を」という機運が高まっていると言われています。また、過去には「若者のコスパ意識」といったキーワードが聞かれていましたが、最近では「タイパ意識」も加わっている印象です。

 また他者との関係性においては、コロナ禍で人と会えない時期を経て、婚姻数が減少し50万組を割り込んで戦後最少を記録しました。以前よりも内向的になり、個人志向が高まったという実感を持っている方もいるのではないでしょうか。

 本記事では、これら5つの生活スタイルや価値観について、それぞれ誰の、どのようなニーズに紐づくのかを読み解いていきたいと思います。

 なお、今回はインテージの消費者パネルSCI(※1)に協力している15~79歳の男女への定点アンケート『Profiler』のうち、400項目×男女の2012~2023年データをもとに、ベイズ型コーホート分析を使って、生活スタイルや価値観を構造化しました。この手法を使うことで、時系列データを見た時に混同しがちな「年齢」と「世代」の特徴を分解して知ることができます。

【図表2】分析スペック
【図表2】分析スペック(クリックすると拡大します)

 では、ここからは400項目からピックアップした5つの項目を具体的に見ていきたいと思います。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

プレミアムサービス詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
・こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。
・チームメンバーをユーザーとして登録することができます。
 ユーザー登録は管理者アカウントで手続きしてください。
 手続き方法の詳細はこちら

次のページ
男性は“新しい世代”ほど、女性は“若い時”ほど美容意識が高い

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
生活者データバンク連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

鶴田 育緒(ツルタ イクオ)

株式会社インテージ カスタマー・ビジネス・ドライブ本部 ナレッジ&インサイト開発部 プリンシパル・アナリシス・デザイナー株式会社インテージに入社以来、パネル/アドホック/データサイエンス/コンサルティングなどリサーチ&アナリシス全ての分野でソリューションやコンテンツの開発を担当する傍ら、幅広い業界・...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/07/10 09:30 https://markezine.jp/article/detail/46123

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング