SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

気になるあの会社に編集部がおじゃましてきました

【会社訪問】きざしカンパニーの人たちは何を考えどんなふうに働いてますか?


 ちょっと気になる感じの会社におじゃまし、社長さんやスター社員にインタビューしてみよう!というこの企画。今回は、きざしカンパニーのCTO、稲垣さんにどんな人たちが何を考えて働いているのか、聞いてきました(この記事は、CAREERzineから一部を転載したものです)。

Googleではできない検索エンジンを作ろう

 「いま、世間の関心はどこに向かっているのか?」―そんな、時間に伴う世の中の変化の“兆し”や、言葉の“ニュアンス”をつかむ、次世代型の検索エンジン「kizasiサーチエンジン(時系列共起パターン解析エンジン)」を開発。これをコア技術として、さまざまなサービスを提供しているのが、株式会社きざしカンパニーだ。

 きざしカンパニーは、ITソリューション事業を展開する株式会社シーエーシーが、新規事業開発の一環として2005年に社内に設置した、「KIZASI事業推進室」から始まった。数名のスタッフによる研究開発から「kizasiサーチエンジン」が誕生し、2007年1月から事業会社「きざしカンパニー」として、新たな出発となった。

 「言語処理技術、ワード検索技術の研究を重ねるうちに、『時間に伴う概念の変化』や『いま、世の中の関心が向けられていること』『それは、どんな感じで語られているのか』を検索できないか、という発想が生まれたのです」

 そう語るのは、「KIZASI事業推進室」からのスタッフであり、現在は、きざしカンパニー代表取締役CTOを務める、稲垣陽一氏だ。

 Googleなど一般的な検索エンジンが、ユーザーが知りたいキーワードを含むデータを抽出するのに対して、kizasiサーチエンジンは「ホットな話題」を抽出する。ブログやニュース、掲示板やSNSといった時間情報を持つテキストデータを収集、言語処理、解析することで、「いま、この瞬間、世間では何に注目が集まっているか」がわかるわけだ。

 どのような人たちがどのようなビジョンを持って働いているのか、稲垣氏にお話をうかがった。(この続きはCAREERzineでどうぞ!)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
気になるあの会社に編集部がおじゃましてきました連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

CAREERzine編集部(キャリアジンヘンシュウブ)

プログラマやウェブマーケターなど、IT&ウェブ業界でのキャリア構築を支援する無料ウェブマガジンCAREERzineの編集部。出版社の歴史と信頼、ウェブマガジン編集部のフットワークと情報力を活かして、読者の皆さんのよりよいキャリア構築をお手伝いします。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/10/15 09:30 https://markezine.jp/article/detail/5650

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング