SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本インターネットポイント協議会がガイドラインを更新、ポイントと電子マネーとの違いを明確化

 今回新しくガイドラインに追加されたのは、ポイントの発行や内容変更に関する項目。具体的には、現金および電子マネーで直接購入し、発行することができるポイントについては、ポイントと電子マネーとの違いを明確にするため取り扱わないこと。また、消費者保護内容を明確にするため、ポイントの利用および価値に関する内容の変更や中止を行なう場合には事前告知し、大きな変更の場合には最大1年間の事前告知をするように努力することが盛り込まれた。

 また、既存ガイドライン骨子に関しても、個人情報保護、会員の不正、発行ポイント会計処理基準、ポイント交換基準について更新されている。同協議会は更新作業を毎年行い、今後の参加企業については、このガイドラインに沿って運営している企業のみ参加を募るとしている。

【関連記事】
ネットマイル、独自ポイント支援サービス「ネットマイル EasyポイントASP」提供
DeNA、「みんなのウェディング」で換金可能な「ご祝儀ポイント」スタート
SuicaとYahoo! 、ポイントの相互交換が可能に
試し読みOK、会員登録でポイントもたまる、公式サイト「講談社コミックプラス」オープン
楽天オークション、個人間取引の落札金額支払いにポイントと電子マネーが利用可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/10/10 10:45 https://markezine.jp/article/detail/5663

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング