SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング

50歳~69歳の男女、最も利用する連絡手段は「携帯電話」【リサーチ】


 今回は、シニアのインターネットの利用動向について調査しました。その結果、シニアの間でのPCおよび携帯電話での普及率やPCでのインターネット利用率が高まっていることから、PCや携帯電話に柔軟に対応しているアクティブシニアの姿が浮き彫りになりました。【バックナンバーはこちらから!】

調査概要

 今回の調査は、総務省が平成19年に発表した「通信利用動向」の結果をもとにして、特にアクティブにインターネットを利用するシニア層の接触メディアや連絡手段について調査し、今後のアクティブシニア層の動向を探った。今回の調査対象は、50歳~69歳までの男女500人。

 男女年代別の均等割付の結果、男女:女性250人:男性250人、50代前半:29.8%、50代後半:20.2%、60代前半:32.8%、60代後半:17.2%のサンプリングとなった。

  • 調査対象者 :50歳~69歳の男女
  • サンプル数:500
  • 調査期間:2008年11月26日~2008年11月28日
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査機関:メディアインタラクティブ

 また、アクティブシニア層はQ1・Q2の結果を元にして、下記1.もしくは2.のように定義付けた。

  1. インターネットを3年以上利用しているユーザー
  2. ほぼ毎日インターネットを利用しているユーザー
Q1:あなたはどの位の期間、インターネット(PC・携帯どちらでも可)を利用していますか?【単一回答:n=500】
Q1:あなたはどの位の期間、インターネット(PC・携帯どちらでも可)を利用していますか?【単一回答:n=500】
Q2:あなたは、どの位の頻度でインターネットを利用していますか?【単一回答:n=500】
Q2:あなたは、どの位の頻度でインターネットを利用していますか?【単一回答:n=500】

調査結果サマリー

  • 最も利用する連絡手段は、「携帯電話」が29.2%、「固定電話」が28.4%、「携帯電話のメール」が25.2%。アクティブシニア層は携帯電話を連絡手段として最も利用している
  • アクティブシニア層の接触メディアは「テレビ」が97.8%、「PCのインターネット」が92.2%でインターネットがアクティブシニア層の生活に浸透している
  • 携帯電話を『連絡手段』と捉えてはいるアクティブシニア層は多いが、『メディア』としての利用はまだ少ない

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Q3:家族や友人、知人との連絡手段

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社セプテーニ(カブシキカイシャセプテーニ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/02/23 12:24 https://markezine.jp/article/detail/6383

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング