MarkeZine(マーケジン)

記事種別

第4回 あなたの会社が90日で儲かる―感情マーケティングでお客をつかむ

2006/07/10 15:30

今回からは大屋友紀雄氏からバトンタッチして、田中とかげ氏が実践マーケティング書籍レビューをあなたの元へお届けいたします。今回取り上げるのは神田昌典氏の「あなたの会社が90日で儲かる―感情マーケティングでお客をつかむ」です。感情マーケティングって何?というところからあなたのマーケティングが変わるかも? あなたの会社が90日で儲かる―感情マーケティングでお客をつかむ 神田 昌典 著 出版: フォレスト出版 ISBN: 4894510928 (1999/12)

ごあいさつ

 はじめまして。田中とかげです。大屋氏からバトンを受けてこのたびMarkeZineでオンラインマーケティングに関する書籍のレビューをすることになりました。どうぞよろしくお願いいたします。

 早速ですが、今回はこれまでと多少毛色を変えて、神田昌典氏の「あなたの会社が90日で儲かる―感情マーケティングでお客をつかむ」を書評したいと思います。これまでこのコーナーでは、オンラインマーケティングの基礎概念となるネットワーク思考について主に紹介してきましたが、たまにはこのような現場実践的な書籍も良いだろうと思ってのことであります。

「感情マーケティング」に視点を置いてみよう

 神田昌典氏は「実践マーケッター」として、様々な書籍を発刊している。この「あなたの会社が90日で儲かる―感情マーケティングでお客をつかむ」は、その第一手だ。神田氏はこの単行本の中でタイトルどおり「感情マーケティング(Emotional Marketing)」を推し進めている。

 では、感情マーケティングとははたしてどういったものなのだろうか?

 例えば地元の商店街の八百屋にて、「ダイコン1本25%引き!」というポップが立てられていたとする。すると、向かいの八百屋(いわゆる競合)では「ダイコン本日13時までに限り90円!お一人様一本限り!」というポップが立てられている。

 さて、一般の消費者はどちらに惹かれるだろうか?

 マーケティングに少しでも興味のある向きや知識のある向きは、すでにここで伝えたいことにピンときているだろう。神田氏は本著の中で、具体例を多く利用して、この「感情マーケティング」について解説している。感情マーケティングとはすなわち、人間心理を利用することであるお客の感情をいかにして煽るかに視点を絞ったマーケティング手法なのだ。以下「感情マーケティング」のツボを見ていこう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5