SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

活況の電子書籍市場も成長は鈍化、シェア8割がケータイ、PC向けは初のマイナスに

 日本の2008年度の電子書籍市場規模は464億円で、2007年度(355億円)と比較すると131%となり、2006年度から2007年度の195%と比較すると鈍化しているものの、順調に成長している。

 2006年度以降、市場を牽引しているのはケータイ向け電子書籍市場で、2008年度は402億円と、電子書籍市場全体の86%を占めている。一方、PC向け電子書籍市場は、2007年度の72億円から2008年度は62億円となり、対前年比86%と初めてマイナスに転じた。

電子書籍の市場規模の推移 (2002年度~2008年度)

 2009年6月に行われた、ケータイインターネットユーザーへの電子書籍利用動向調査(有効回答数8,022)では、ケータイ電子書籍利用率は32.7%。このうち有料電子書籍の利用率は、昨年の7.9%から0.2ポイントの増加にとどまっている。

ケータイインターネットユーザーの電子書籍利用率 (2007年~2009年)

 また、携帯3キャリアの公式サイトで電子書籍を提供している事業者を対象にしたアンケート(有効回答46社)では、iPhoneのApp Storeへの参入意向は、「参入したい、有料の電子書籍を販売したい」が28.3%で高いものの、「参入するつもりはない」も21.7%で意向が分かれている。また、Andoroid MarketやOvi Store(ノキア携帯専用アプリストア)などのモバイルアプリマーケットプレースについては、「しばらく様子をみる」が52.2%で最も多く、「参入するつもりはない」という否定的な意見は6.5%にとどまっている。

【関連記事】
電通が電子雑誌販売「マガストア」今夏スタート、広告配信も提供
廣済堂、iPhone向けにマガジンハウスの『Hanako WEST』を配信
iPhoneで長編マンガが人気、購入金額は携帯電話の10倍
恋してる人が多いのは「アメブロ」、iPhone好きは「はてな」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/07/09 12:35 https://markezine.jp/article/detail/7773

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング