SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング

モバイルバンキング選定ポイント、ユーザーは手数料しか見ていない?【リサーチ】

 Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、モバイルバンキングに関する調査を行った。【バックナンバー】

調査概要

 KDDIと東京三菱UFJ銀行が共同で「じぶん銀行」というモバイルバンキングを開始したり、NTTドコモとみずほ銀行が提携し、携帯電話を使った送金サービスを開始するというニュースが流れたりと、モバイルバンキング市場は今後一気に拡大していくように思われる。今回はモバイルバンキング市場の動向について調査した。

調査結果サマリー

  • モバイルバンキングを選んだ理由、1位は「メインバンクだから」
  • 70%以上のユーザーが「インターネット」をきかっけにモバイルバンキングを認知
  • 女性は、男性に比べ金融機関の窓口やチラシ、そして家族や友達からモバイルバンキングを認知する割合が高い
  • サービス加入の前に情報収集をしたユーザーは75%。中でも、金融機関のウェブサイトの利用率が50%を超え最も高い
  • モバイルバンキングを選ぶうえで重視するポイントは、手数料とセキュリティ

調査対象

 調査対象は20歳~59歳までの男女500人。性別は男性:女性=58%:42%、年代別は20代:23.4%、30代:40.2%、40代:25.4%、50代:11.0%となっている。

  • 調査期間:2009年5月26日~2009年5月27日
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査機関:メディアインタラクティブ

Q1 現在メインで利用しているモバイルバンキングサービス

 まず、現在利用しているモバイルバンキングサービスについて尋ねた。その結果、「イーバンク銀行」と回答したユーザーが最も多く40.4%。次いで、「三菱東京UFJ銀行」の14.0%、そして「三井住友銀行」の9.0%が続く結果となった。

Q1 あなたが利用しているモバイルバンキングサービスは以下のどの銀行のサービスですか
Q1 あなたが利用しているモバイルバンキングサービスは以下のどの銀行のサービスですか

 今回の調査では、イーバンク銀行の利用率が非常に高いが、これは今回共同で調査を行ったメディアインタラクティブがモニターへのポイント(謝礼)支払い先銀行としてイーバンク銀行を指定していることが大きく影響しているのではないかと考えられる(ジャパンネット銀行の指定も可)。

Q1-1_現在メインで利用しているモバイルバンキングサービス(男女別)

 また、この結果を男女別にみると、男性は「イーバンク銀行」や「ジャパンネット銀行」の利用率が女性に比べ高く、イーバンク銀行は10.5ポイント、ジャパンネット銀行は5.2ポイント上回る結果となっている。

 一方の女性は、「三菱東京UFJ銀行」が9.5ポイント、「ゆうちょ銀行」が5.5ポイントそれぞれ男性に比べ高い結果となっている。

Q1-1男女別_現在メインで利用しているモバイルバンキングサービス(%)
Q1-1男女別_現在メインで利用しているモバイルバンキングサービス(%)

 これはあくまでも推測だが、今回の調査の対象であるリサーチモニターにはイーバンク、もしくはジャパンネット銀行の利用が義務付けられている事を考えると、男性が複数の口座を利用したがらないのに対し、一方の女性は目的や損得勘定からか複数の口座を上手に使い分けているのではないだろうかと考えられる。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Q2 現在メインで利用しているサービスを選んだ理由

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
リサーチデータで読み解く!最新Webマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社セプテーニ(カブシキカイシャセプテーニ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/09/27 11:00 https://markezine.jp/article/detail/8348

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング