SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アラフォー前後で女性の「調理力」がガタ落ちに?

 リンクアンドコミュニケーションとソネットエンタテインメントが運営する「調理力で健康!プロジェクト」は、20代から70代の女性1410名を対象に、調理力と健康管理力に関する調査を行った。

 夕食で手作りする品数について調査したところ、40代を境目として、手作りするメニューの数が減っていることが分かった。「夕食で手づくりする品数が2品以下」という項目を選択したのは20代が最も多く、60代で最も少なくなっている。しかし、自分自身で調理すると答えた人は20代女性が最も多い。

調理に対する意識・実態に関する世代比較・その1
※調査データをもとに作成

 また、「旬の食材を使って季節感を出す」を選んだ人は年齢層が高いほど多く、「出来合いの惣菜を活用して食事を作る」も年齢層が高いほど多くなっている。手抜きはしても食卓の充実度を犠牲にしないあたりが、「調理力」の高さなのだろうか?

調理に対する意識・実態に関する世代比較・その2
※調査データをもとに作成

 また、夕食における手作りメニューのランキングを見ると、40代以下では上位10メニューのうち半数が肉料理であるのに対し、50代以上は惣菜系が多く見受けられた。また、生活習慣病と調理の関係についての分析結果では、50代の生活習慣病患者および予備軍よりも、40歳代の健康な人の方が、健康管理力が低いことがわかった。

【関連記事】
20代に多い、食・家族・環境の意識が高い「高感度男性」 そのライフスタイルとは?
一人暮らしの女性、夕食「自炊派」は6割超える
夫に強まる“家族重視”傾向、「家族でテレビ」の団らんスタイルは9割超

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/11/19 10:30 https://markezine.jp/article/detail/8877

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング