SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

コンバージョンを上げるための
サイト高速化施策ベスト3


 株式会社レイハウオリが年収1000万円以上への転職サイト「ビズリーチ」制作にあたり、様々な高速化施策を施した。今回はその施策の内容と、施策の中でも特に効果的だったものを公開する。

米Yahooが提唱している14の施策

 米YahooのSteve Souders氏(Chief Performance Yahoo!)が提唱している14の施策というものがある。

 (参考:http://www.skrenta.com/2007/05/14_rules_for_fast_web_pages_by_1.html

 これはもう3年も前に提唱された施策であるが、今現在でも、まずはこの14の施策を行うことが最も基本である。

  • HTTPリクエスト数を最小限に抑える
  • CDN(Contents Delivery Network)を利用する
  • Expiresヘッダを利用する
  • コンテンツはGZIP圧縮する
  • CSSは上に配置する
  • JavaScriptは下に配置する
  • CSSのexpressionは使用しない
  • JavaScriptとCSSは外部ファイル化する
  • DNS参照を最小限に抑える
  • JavaScriptを最小化する
  • リダイレクトは使用しない
  • 重複したスクリプトは削除する
  • ETagはオフにする
  • Ajax通信はキャッシュする

 これ以外にも現在のYSlowやGoogleのPageSpeed(両者ともFirefoxのアドオン)を利用すると、様々な施策が提唱されている。もちろん全ての施策を行えば高速なサイトになり得ることは想像出来るが、その施策が故に開発負荷、また運用負荷が増大することは避けたい。

 ビズリーチでは実験を重ね、可能な限り最小限の施策で最大限の効果を得ることを念頭に制作した。

効果の高い高速化施策ベスト3

 ビズリーチで実験を重ねた結果、最も高速化に重要である(効果の大きい)施策として以下の3つを挙げたい。

  • HTTPリクエスト数を最小限に抑える
  • コンテンツはGZIP圧縮する
  • CSSは上に、JavaScriptは下に配置する

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
CSSスプライトによるリクエスト数軽減

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

竹内 真(タケウチ シン)

WEBメディア特化型制作/開発会社、株式会社レイハウオリの代表取締役。「High Performance HTML」など、技術がビジネスに直結するような自社ソリューションを開発する傍ら、自らもエンジニアとしてOSS「mobylet(Seasar Foundation)」を開発している。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/07/05 16:32 https://markezine.jp/article/detail/10087

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング