SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Google アドワーズ活用事例(PR)

大手にはない丁寧なサービスや柔軟性でクライアントの支持を獲得 AdWords の達人が明かすビジネス拡大の秘訣

 株式会社Shiftは、愛媛県松山市に拠点を置くインターネット広告代理店(インターネット広告運営会社)です。2006年の起業以来、中国・四国地方だけでなく日本全国を営業区域にクライアントの支持を集め、今や AdWords 取扱額で西日本のオープンビジネスパートナートップクラスになるまでに急成長しました。代表取締役の岡本哲郎氏に、急成長の秘訣と、地方での AdWords を利用した事業展開について伺いました。

AdWords を活用して顧客のビジネスを全面的に支援

 リスティング広告の運用代行をメインとする、インターネット広告運営会社Shift。ほとんどの広告代理店が東京などの大都市圏に拠点を置くなか、大手代理店グループや大企業との強いリレーションを持たない独立系の広告代理店として、愛媛県松山市で着実に顧客を獲得しながら実績を重ねてきました。その躍進の陰には、東京と地方でのビジネスモデルの切り分けがありました。

 「弊社の事業には大きくふたつの柱があります。ひとつは、東京の企業に対して、 Google AdWords などを活用して、インターネット広告の運営に関するリソースを提供すること。独立系であるメリットを生かし、大手にはない丁寧なサービスや柔軟性を武器に事業を展開しています。そして、もうひとつは地方の企業に対して、東京向けに培ったノウハウや経験をもとに、お客様といっしょにビジネスを一から創り出していくことです。ここでは、事業主体となるお客様にとってベストな形で深くビジネスに関わり、支援を行っていきます」

 同社が運用している AdWords のアカウントはおよそ数百に及び、その8割が通販会社です。商材や事業規模はさまざまで、中にはそれまでウェブでの販売経路を持たず、地元だけでローカルビジネスを展開していた中小企業もあります。

 「地方のお客様は、インターネット通販のノウハウを持っていないことも多いので、弊社ではウェブサイトの構築から、必要に応じて資本や人材の投入なども行い、お客様のビジネスそのものを変えていきます。三上バラ園さんという、松山市でバラ農園を経営されているお客様がいらっしゃるのですが、当初は、地元市場だけでバラを直売していました。そこに、弊社が依頼を受け、資本や人材を投入し、バラの通販サイトを一から立ち上げてから AdWords を使って広告展開を行ったところ、今では月500万~600万円の売り上げをあげるまでに成長しています。こうしたローカルビジネスの成功は、地域の活性化にもつながるのでやりがいはありますし、社長さんに喜んでもらえるのはやはり嬉しいですね」

妥協しない取り組みが成果と信頼につながる

 AdWords は会社創業時から使い続けている同社。現在、新規のお客様は、既存のお客様や提携会社からの紹介がほとんどだといいます。一度取引をはじめるとそこから長いお付き合いになるパターンが多く、その満足度は、非常に低い解約率にもあらわれています。

 「弊社が気を付けていることはどんな案件でも決して手を抜かないこと。地方の中小企業は、都市部の大企業のように広告費に月何十万円もかけることができません。 AdWords ならば、ビジネスモデルを適正にした上できちんと広告を運用すれば、小額からでも大きな成果を上げられます。弊社の地元で製造業をされているあるお客様は、年1~2件だったウェブ経由の注文が、弊社がサイトを作り直し、 AdWords に月4~5万円の広告費を投入しての再スタートで、毎月15~20件ペースで新規の継続的な顧客が獲得できるようになりました。会社の規模や広告費の大小に関わらず、成功したいという思いは誰でもいっしょです。弊社では、いかにその思いに応え、結果を出すかということを重視しています」

次のページ
オープンビジネスパートナーでスタッフの成長速度がアップ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Google アドワーズ活用事例連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/06/27 16:55 https://markezine.jp/article/detail/13964

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング