SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Google アドワーズ活用事例(PR)

急成長の秘訣はサポートデスク活用にあり
奈良地域No.1を目指すネットフロントの Google AdWordsでの新たなる挑戦

 奈良県を拠点に、関西圏で計600社以上のウェブサイト制作実績を持つ株式会社ネットフロント。2011年11月から Google AdWords の利用支援事業を新しく開始し、2ヵ月で既存顧客を中心に40あまりのアカウントを運用しています。 AdWords をウェブサイト制作のアフターサポートとして位置づけている同社のビジネスと、地方での展開や提案のポイントについて、営業を担当する川口頌太氏に伺いました。(注:この記事は Google オープンビジネスパートナー の広告記事です)

ウェブ制作のプロが挑むゼロからのスタート

 株式会社ネットフロントは奈良地域を中心とし、ウェブサイト制作やコンテンツの作成など、ウェブに関するトータルソリューションを提供する地元密着型の企業です。県内の中小企業や飲食店・美容院など個人事業主の依頼を受け、これまでクオリティの高いウェブサイトを数多く手がけてきました。同社の営業担当である川口頌太氏は、ウェブサイト制作で地域No.1の企業を目指していると語ります。 

 「奈良県には、まだまだ自社サイトを持っていない企業様が数多くいらっしゃいます。その理由をお伺いしていくと、一番多い要因は『価格に対する不安』です。そこで弊社では、低価格高品質をモットーに、1サイトあたり79,800円で受注価格を一律化しています。さらに、イメージカラーなどをヒアリングした上で一社一社オリジナルで作り込み、サンプルページを正式受注前にお客様にお見せするなど、最後まで安心してお任せいただけるような取り組みを心がけています」

株式会社コミクス 代表取締役社長 鈴木 章裕 氏
株式会社ネットフロント
Webソリューション部 営業1課 
川口 頌太氏

 同社では、お付き合いが生まれたお客様の満足度を高めるために2011年11月から Google AdWords の利用支援事業を開始しました。きっかけは Google から送られてきたDMだったといいます。それまで AdWords は名前を聞いたことがある程度で、会社として利用したことはありませんでした。しかし、概要のパンフレットを読んですぐに、 AdWords が同社のサポートサービスとして大きな武器になると確信したそうです。 

 「今まで、ウェブサイトを作成しただけではお客様の十分な満足を得られないというケースにもたびたび遭遇してきました。お客様はウェブサイトができた後、関連するキーワードで検索されれば無条件で検索結果の1ページ目に表示される、と思ってしまいがちです。実際には、検索エンジンのアルゴリズムや競合他社が絡んできますので、上位表示はなかなか難しいのが実情です。その点、 AdWords ならば、入札上限価格やキーワード選びなどの運用テクニック次第で、掲載順位をすぐに1ページ目の広告枠に持ってくることも可能となります。即効性が高く、ウェブサイトの運営方針をお客様自身に理解していただきやすいというメリットが魅力的に映りました。弊社が作成したウェブサイトをもっと有効的に使っていただくために、既存のお客様中心にアフターサポートとして AdWords をご提案させていただいております」

初回広告作成サポートを効果的に活用

 現在、同社が持つアカウントは、県内の美容院、ネイルサロン、薬局など40あまり。外回りで顧客の状況を詳しく知る川口氏が、営業活動と並行して、一人で運用を行なっています。それまでリスティング広告の運用経験はまったくなかった同氏ですが、 Google オープンビジネスパートナーに参加してサポートデスクなどを上手く活用しながら、独学で勉強を重ねています。 

 「 AdWords の操作方法や機能については、スターターキットに含まれていた『 Google アドワーズご利用ガイド』や市販の解説本、公式サイトのヘルプページなどで勉強中です。わからないことは、専用のサポートデスクに電話で問い合わせできるので、とても心強いですね。特に新しい業種のクライアントを獲得したときは、 初回広告作成サポートがたいへん役に立っています

 「初回広告作成サポート」とは、 オープンビジネスパートナー の参加者・参加企業のみが受けられる無料のサポートサービスです。 AdWords は、通常、広告主や代理店が広告テキストやキーワードを考える必要がありますが、このサポートを利用すれば、 Google の専門スタッフに初回の広告テキストとキーワードの作成を依頼できます。最初の1ヵ月~数ヵ月の成果が、その後の AdWords との付き合い方の判断材料となるケースも多いため、広告をしっかり作り込んでからスタートすることは特に重要といえます。

 「これまでに、宝石店、ゴルフスクールなど数社で初回広告作成サポートを利用しました。手順としては、まずサポートデスクに電話して、担当の方にお客様の状況や予算感を細かくお伝えし、運用方針についてのアドバイスを仰ぎます。数日後、担当者からヒアリングをもとに作られた広告とキーワードがセットで送られてきますので、お客様の予算額に合わせて、クリック上限額を決めて出稿します。最初は無料ということもあり、どの程度しっかりしたサポートが受けられるのか不安もあったのですが、親切丁寧に対応していただき、送られてきた広告は予算内に収まりつつも想定以上のクリックがあり驚きました。他の業種でも活用できるヒントとテクニックがたくさん詰まった広告ですので、作成に悩んだ時には見返してお手本にしています

次のページ
ウェブ活用を通じた地元への強い思い

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Google アドワーズ活用事例連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング