SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

映画の観客に“間違った本編を見せる” ことで真意を訴える世界初のPR


 海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「ブログタイムズBLOG」からの厳選記事をお届けします。映画館で考えていたのと違う作品が上映されたら、あなたはどうしますか? イスラエルでそんな事態に陥った人たちの目の前に、ある大切なメッセージが示されました。毎週水曜日更新。

キャンペーン概要
  • 時期:2012年2月
  • 国名:イスラエル
  • 組織名:EMDA Israeli Alzheimer Association
  • 業種:医療・慈善

「何これ、違う映画?」という驚きが、感嘆の拍手へと変わる

 今回紹介するのは、アルツハイマー患者の支援団体「EMDA Israeli Alzheimer Association」が、『世界アルツハイマー意識喚起週間』に合わせて、イスラエル市民へのアルツハイマーに関する理解を深めることを目的としたプロモーションです。

 プロモーションの舞台は、イスラエル最大のシネマコンプレックス。何も聞かされずに映画の始まりを楽しみにする観客の皆さん。

 映画本編が始まりますが、観客たちが期待していた上映予定の映画とは違う映画がスクリーンに映し出され、観客の皆さんは「あれ、会場間違えたかな」と感じたりして不安になります。あちこちで「この映画ちがうよ!」と言ったり、間違った会場に入ったのだと納得し、席を立つ人たちも現れます。

 観客たちが当惑している中、しばらくしてスクリーンには以下のテロップが映し出されます。

いいえ、あなたは会場を間違えていません。正しい会場にいますよ。
私たちはただあなたに、アルツハイマー患者と同じような
「自分自身の認知機能(空間認識機能)が失われたのではないか」と
 ひどく当惑してしまう不安な感情を体験させたかったのです。
実のところそのような体験をしている人がイスラエル国内に10万人もいるのです。

 このネタバラシを見た観客たちは感嘆の声を上げ、盛大な拍手を行いました。

 このプロモーションは週末シネコンに映画を見に来た約1万人がダイレクトに体験しました。体験した観客の皆さんのインタビューからアルツハイマーについての理解が強く深まったことが伺えます。

 観客からソーシャルメディアに数多くの投稿がなされるとともに、TVやラジオなど各メディアでパブリシティになり、その効果は広告換算で50万シェケル(日本円で1070万円超)に至ったそうです。

 「伝える」のではなく、実際に「疑似体験をさせて“本当の意味で” 納得させる」というアプローチ。「アルツハイマーになると、こんなに大変なんだよ」と何百回見たり、聞いたり、読んだりするよりも病気の本質について理解が深まる施策だと感じます。

 ただし、今回のプロモーションの有効なポイントを整理すると、「疑似体験」をさせたこと自体がポイントではなく、「疑似体験をさせる」具体的な内容や過程において、ターゲットが日々当たり前のように過ごす日常生活を舞台にしていることがあげられます(「今からアルツハイマーの疑似体験をしますよ!」という非日常を意識する企画ではない、ということ)。

 さらにその日常生活という舞台の中で、ターゲットの「想像を大きく裏切る(想像だにしない)」要素を盛り込むこと、そして、ターゲットが体験する短いプロモーションプロセスの中で「ターゲットの“心・感情”を揺さぶる」ことが有効なように思えます。その際、ターゲットの“感情”の振り幅が大きければ大きいほど、結果として企業が伝えたいメッセージが「脳」に刻み込まれやすくなるのではないかと推測されます。「コミュニケーション」に携わる人間として非常に参考になるケースでした。素晴らしいです。

 映画館内という空間を舞台にした“サプライジングプロモーション”に関心のある方は、下記記事もぜひご覧ください。

映画館でのゲリラプロモーション“館内に侵入したゾンビの末路とは・・・”(南アフリカ/2011年)
外国語を習得するメリットとは・・・”(セルビア/2010年) 

動画はコチラ

参考サイト

Ads Of The World

先週の紹介キャンペーン

 記事転載元:ブログタイムズBLOG

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 健介(株式会社PR TIMES)(ヤマダケンスケ (PR TIMES))

著者Twitter著者Facebook●About / PR TIMES Inc ・プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の運営 ・ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」の運営 ・WEBクリッピングサービスの提供●About / Vector Group コアバリューである「モノを広める」スキルを通じて、企業・消費者の皆様をマッチしたサービスを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/03/12 14:58 https://markezine.jp/article/detail/15312

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング