SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソーシャルは重要なチャネルだが、ROIに最大の影響を及ぼしているのは「検索連動型広告」【アドビ調査】

 アドビシステムズの調査によると、2012年第1四半期におけるモバイルプラットフォームへの支出は、米国ではすべての検索連動型広告関連の支出の8%、英国では11%に達しており、タブレット端末のみでも4%を占めている。モバイル機器やタブレット端末は低コストのチャネルであり、最終的にはGoogleによるCost Per Click(CPC)が前年同期比5%減少した要因となった。これに対し、Bing/YahooのCPCは前年同期比18%増加している。

 モバイル機器、とくにタブレット端末からのトラフィックは前年同期比で4倍に拡大。これらの端末への検索連動型広告関連の支出は前年同期比250%増となっている。Facebookへの支出は前年同期比93%増加して検索連動型広告関連の支出のうち3~5%を占めている。

 2012年の今後の見通しについては、米国での検索連動型広告関連の支出は、1年を通じて10~15%成長、タブレット端末とモバイル機器への支出は2012年末までに検索連動型広告関連の支出のうち15~20%を占めるようになると予想している。モバイル機器のCPCはデスクトップ機を30%下回るものの、コンバージョン率は同水準という結果になっている。

 Facebookの広告CPCは過去3四半期にわたって前四半期比40%で拡大したが、Facebookの「Sponsored Stories」のCPCは、Facebookの「Marketplace Ads」よりも低い傾向があり、これがCPCの一時的な低下の原因となった可能性があるとしている。 

 アドビシステムズは、「ソーシャルメディアが拡大し、重要なチャネルであるという認識が広がったが、デジタルマーケティングのROIに最大の影響を及ぼしているのは検索連動型広告。短期的には、マーケティング全体を効率化する、検索連動型広告に関する新たな投資機会が生み出されている」と分析している。

【関連記事】
タブレット利用が進む米国、ユーザーはPCより「スマホ」に近いと認識
米国富裕層のモバイルショッピング平均額は628ドル
アドビとグーグルがソーシャル分析への対応を強化
ソーシャルでは「ラストクリック」よりも「ファーストクリック」アトリビューションを重視すべき
広告信頼度調査で「アーンドメディア」がダントツ1位

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/04/16 14:30 https://markezine.jp/article/detail/15532

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング