SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グーグル、iPhoneとiPod touch向けYouTube公式アプリをリリース

YouTubeプロダクト
アジア太平洋統括本部長
アダム・スミス氏

 9月11日、YouTubeプロダクトアジア太平洋統括本部長のアダム・スミス氏は、iPhoneとiPod touch向けのYouTube公式アプリのリリースを会見で発表した。アップル社とのライセンス契約終了にともない、初めてYouTubeのエンジニア主導で当アプリは作成された。

 背景としては、2005年にデスクトップ向けのサービスとして始まったYouTubeは、今日ではモバイル機器からの視聴が1日あたり10億ビューに達し、日々のYouTube視聴の25%を占めている現状がある。特に日本においては、視聴の50%がモバイル機器経由で、世界平均の約2倍になっている。また、モバイル機器からの視聴だけでなく、毎分3時間分のビデオがモバイル機器からアップロードされている。このうような現状から、「モバイル機器を介して、ユーザーがYouTubeで簡単に動画をアップロードできること、それをシンプルに提供することが重要だと考える」とアダム・スミス氏は述べた。

 新しいアプリの機能としては、視聴可能動画の多様化(これまでiPhoneでは視聴できなかった何万もの公式ミュージック・ビデオが視聴可能に)、チャンネルガイド(好きなチャンネルの最新動画や更新状況を簡単に見ることができる)、新しい動画検索ツール(検索語を入力中に該当する動画やチャンネルの候補を一覧表示するサジェスト機能追加、音声検索など)、Google+やFacebook、Twitterなどで動画共有を簡単にできることなど。

 「ネットワーク系のテレビが主軸であった数が限られたチャンネルの時代から、現代はほぼ数えきれないチャンネルの時代になった。毎月8億のユーザーが存在するYouTubeは、数えきれないチャンネルのプラットフォームとして、ユーザー、コンテンツ企業、広告主が変化を最大活用できるように支援をする。ゴールはYouTubeがどこにいてもデバイスに限定されることなく、一貫したユーザー体験が提供されるようにすることだ」とアダム・スミス氏は語った。

【関連記事】
スマホで動画を自動編集、Facebook・ニコ動・YouTubeと共有できるアプリ「HighlightCam」
フジテレビ、Youtubeに6つの番組公式チャンネルを開設
「音楽を楽しむために利用したサービス」1位は前年に続いて「YouTube」【日本レコード協会調べ】
フジテレビ、3000万人の統計情報をもとにアプリをレコメンドする「Grapps」
グリー、ソーシャルテレビアプリ「GREE TV」をVOYAGE GROUPと共同開発へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/09/12 20:22 https://markezine.jp/article/detail/16384

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング