SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

コンビニでの生鮮食品購入者、女性50代以上では約4割に【マイボイスコム調査】

 マイボイスコムは、「コンビニでの生鮮食品の購入」に関する調査結果を発表した。

 コンビニエンスストア利用者のうち、コンビニエンスストアで生鮮食品を購入する人は29.1%であった。生鮮食品購入者は女性高年代層で多く、女性50代以上では4割にのぼった。購入する生鮮食品は「牛乳」が最も多く、「カット野菜」「卵」「くだもの」「葉物野菜(キャベツ・レタスなど)」などが続いた。

利用しているコンビニエンスストア

 生鮮食品を購入するコンビニエンスストアは、全体では「セブン‐イレブン」「ローソン」「ローソンストア100」「ファミリーマート」が上位であった。北海道では「セイコーマート」、東北、北陸、近畿、四国では「ローソン」が1位に。中部では「サークルK」も多かった。

コンビニで生鮮食品を購入する頻度

 また頻度においては、「月に1回未満」が33.0%、「月に2~3回」が23.1%であった。「週1回以上」は25%で、男性3割強、女性2割弱に。また、コンビニエンスストアを毎日利用している人では6割、週4~5回の利用者では5割を占めた。

コンビニで生鮮食品を購入する場面

 そして、コンビニエンスストアで生鮮食品を購入する場面は「スーパーなどで買い忘れたとき」が最も多く、「近くの店舗で買いたいとき」「コンビニで他のものを購入するついでに」「少量だけ買いたいとき」の順であった。重視点は「価格、値ごろ感」に続いて「品質」「製造年月日、賞味・消費期限」「鮮度」「安全性」が多かった。

【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査時期:2013年5月1~5日
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
回答者数:9,568名

【関連記事】
Amebaが「ママ事業部」を新設、育児中の女性を対象としたクラウドソーシング事業を展開
携帯電話で音楽を聞いている女性は4割以上【D2C調査】
小学館「小学館女性インサイト研究所」設立
楽天と東芝、女性向け美容・健康サービス「楽天キレイ℃ナビ」
男性は「お酒」、女性は「お菓子」でプチ贅沢【プチ贅沢・節約に関する意識調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/05/28 17:00 https://markezine.jp/article/detail/17843

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング