SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スマホユーザー、全世代でGoogleの検索・地図サービスが定着か【ニールセン調査】

 ニールセンは、5月20日に提供を開始したスマートフォン視聴率情報Mobile NetView(モバイル・ネットビュー)の3月データの結果を発表した。

 男女別で一人あたりの月間利用時間をみると、女性の利用時間は47時間、男性は34時間となり、女性の利用時間が男性を13時間上回っていた。1日あたりで考えると(1か月31日換算)平均で25分程度長く利用されていることが明らかになった。

 また男女別でのサービス利用の内訳をみると、LINEと楽天市場の女性のリーチが男性よりも高く、特にLINEでは19ポイントと大きな差があった。

 年代別では、全ての年代でGoogleが提供している検索、地図の2つのサービスの利用が上位に。スマートフォンを利用した検索、地図利用が幅広く定着しているようだ。

 そしてLINEは、10代、20代のリーチが高く、特に10代のリーチは90%と突出していた。楽天市場は年代が上がるにつれ、各年代で利用されるサービスの中で順位があがっていく。特に40代以上では3位となり、LINEよりも高いリーチとなっていた。

 また、特徴的だったのはブログサービスの利用だ。10代ではアメブロが73%、livedoorブログが68%と2つのサービスで高いリーチに。また20代でもアメブロが61%となっており、若年層に支持されているメディアとなっているようだ。

【関連記事】
スマホアプリ利用状況、Google Play/Google Mapsを押さえLINEが1位に
中国都市部でのスマホ保有率は日本の約2倍の93.1%、スマホユーザーのタブレット保有率は日本の約3倍の47.3.%
NTTドコモのスマホとLINEが連携~LINEにドコモ専用の音声通話ボタンの配置も
約4人に1人がスマホで見るニュースで紹介された商品の購入経験あり
10代・20代のスマホ保有率は2年後に6割に、50代ではガラケー保有率が55.9%【IMJ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング