SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Yahoo!広告活用の今を追う(PR)

デジタル施策が店頭の“棚取り”に効く時代
マスとの融合図るサントリーの戦略

 「マーケティングイノベーション室」の設立、広告ソリューションのリニューアルと、近年まさに“爆速”を感じさせるドラスティックな変革を続けているYahoo! JAPAN。本連載では、マーケティングイノベーション室室長の友澤大輔氏との対談を通し、今後のマーケティングの展望や課題を掘り下げていく。今回は、サントリーのネット広告を担当する坂田淳子氏を迎え、積極的にネット広告を展開する意図や手応えを伺った。

商品開発も広告もすべて「やってみはなれ」の精神で

 友澤:デジタル領域というと、これまでは話が細かく専門的になりがちでしたが、最近は広告主サイドの方々が非常に高い関心を持たれているのを感じています。中でもサントリーさんはデジタル施策に積極的なので、今回は私たち媒体社の思いと広告主の思いをざっくばらんに語れたらと思ってお越しいただきました。

 坂田:よろしくお願いします。デジタル施策に限らず、マスや交通などの広告でも、当社は新しモノ好きで(笑)。創業者・鳥井信治郎の精神である「やってみなはれ」の社風に根付いているので、もちろん先行者のリスクを覚悟しながらですが、デジタルの分野でも新しいことにチャレンジしていこうと考えています。

写真左:ヤフー株式会社 マーケティングソリューションカンパニー 
マーケティングイノベーション室 室長 友澤大輔氏
写真右:サントリービジネスエキスパート株式会社 宣伝部 坂田淳子氏

 MarkeZine編集部(以下、MZ):坂田さんはサントリービジネスエキスパートの宣伝部でネットを担当されていますが、組織体制や役割などを簡単に教えていただけますか?

 坂田:当社は2009年に持株会社制に移行し、各事業会社ができましたが、事業会社の1つであるサントリービジネスエキスパートはそれらの事業サポートを担っています。私がいる宣伝部はかつて媒体部と呼ばれていた部署で、テレビや新聞・雑誌、インターネットなどの各グループが媒体の買い付けとクリエイティブを集約しています。一方、サントリー酒類など事業会社にも宣伝部はあり、各ブランドの宣伝企画はそちらで行っていまして、私たちと連携して実施しています。

生活者のメディア接触に合わせてデジタル部門の体制を強化

 友澤:デジタル領域に関しては、昨年に大きく舵を切ったと伺いました。

 坂田:はい。昨年、サントリー酒類の宣伝部内にデジタルマーケティング開発部ができたり、サントリー食品インターナショナルにもデジタル施策を担うチームが生まれたりと、組織的にデジタル領域に関わる部分が強化されました。

 友澤:その背景には、どんな意図があったのでしょうか?

 坂田:一言でいうと、お客様のメディア環境の変化に対応するためです。今のお客様の行動を考えると、当然デジタルや新しいメディアをおさえる必要があります。より生活者のメディア接触に沿ったアプローチが今後は重要になりますので、そのための体制強化でした。

 友澤:デジタル強化への声は、やはり年齢の若い現場から?

 坂田:もちろん現場も問題意識を持っていますが、経営層もメディア環境の変化を感じています。これまでマス広告で中心だった当社も、デジタル領域にもっと注力しなければと皆が肌で実感している状況です。

次のページ
マーケティング全体におけるデジタルの活用を考える

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Yahoo!広告活用の今を追う連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング