SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

NTTドコモなど3社、7月中旬よりDMP事業を開始

 ドコモ・インサイトマーケティングは、NTTドコモおよびインテージと協力して、様々なデータを解析し企業のマーケティング活動を支援するデータ・マネジメント・プラットフォーム(以下、DMP)を構築した。2014年7月中旬より事業を開始し、クライアント企業に対して、生活者の趣味嗜好や購買傾向等の解析データの提供、および企業の自社Webサイトや外部のメディアを用いた生活者へのコミュニケーション支援を行っていく。

 近年、生活者の行動とICT、そしてモバイル端末との関わりはより密接になり、生活者の行動を捉える膨大なデータ(以下、ビッグデータ)を蓄積できるようになった。こうした環境の中、企業のマーケティング活動は変化し、これらのビッグデータを統合したDMPを活用したマーケティングを推進する動きが広まっている。

 本DMPでは、インティメート・マージャーなどのマーケティング支援事業者がクッキーにより収集しているWeb閲覧履歴情報、インテージに登録されているモニター会員(キューモニター会員等)より得られたリサーチデータ(個人特定性の高い情報を除く)およびNTTドコモが保有する携帯電話の契約・利用に関する情報(別途個別に同意を得た顧客の情報に限るものとし、個人特定性の高い情報を除く)等を解析することにより、ユーザーニーズや顧客像をより深く知る手がかりを得て、生活者のインサイトを可視化できる。また、これをもとに生活者へのコミュニケーションを高度化することで、既存ユーザーや見込み顧客に対してシームレスにコミュニケーションを図ることが可能になる。

【関連記事】
今年チャレンジしたいこと1位は「部署間の複数データ統合」、DMP導入意向は?
ヤフーがマーケティングの新戦略を発表、プライベートDMP、ビデオ広告等
日本旅行、ALBERTのプライベート DMP「smarticA!DMP」を導入
ドコモ、「Evernote Business」の販売を7月スタート
NTTドコモ等が推進する大規模公開オンライン講座サイト「gacco」、会員数5万人突破

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/07/01 10:00 https://markezine.jp/article/detail/20394

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング