SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ABCの動画広告のトライアルにメディア投資のMAGNA GLOBALが参画、TV広告の自動化を推進

 IPG Mediabrandsのメディア投資部門であるMAGNA GLOBALは9日、ABCの在庫予約型プログラマティック動画広告のトライアルに参加すると発表した。

 米国の三大TVネットワークのひとつであるABCは、テレビ局のマネタイズを支援するFreewheelと「Fourfronts Programmatic」という取り組みを行っている。その中で在庫予約型の動画広告のプログラマティックな取引を試験的に行っており、選ばれた一部の広告主は、自社で保有するファーストパーティデータ、あるいはサードパーティのデータを、オンライン動画広告のキャンペーンの設計、買付、最適化に利用することができる。

 Freewheelは、デジタル化が進むテレビ業界やエンターテイメント業界向けに、番組の放送回ごとに広告販売を管理したり、複雑な支払を管理するツールを提供。そのほかにも、マネタイズのコンサルティングなど幅広いサービスを提供している。

 MAGNA GLOBALは、Freewheelが認証したAdap.tvのDSPを使って、このトライアルに参加。キャンペーン設計や広告買付のプロセスにおけるデータ活用の改善、自動化されたプロセスの導入によってABCを支援する。MAGNA GLOBALは、広告プロセスの自動化に注力しており、2016年までに自動化された買付の50%にリーチすることを目標にしている。

【関連記事】
ABC、動画広告Videologyの元VPをプログラマティックセールスの責任者に指名
動画広告のTubeMogul、IPOで7500万ドル調達
Facebook、動画広告SSPのLiveRailを買収
動画広告のインプレッションの12%が非動画環境で発生、問われる動画再生の質【Sizmek調査】
動画広告では9割が“テレビ的な”固定CPMによる在庫予約型のバイイング

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/07/16 14:30 https://markezine.jp/article/detail/20520

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング