SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

「IBM Silverpop」が実現する顧客理解とオムニチャネルマーケティング

高度なクラウド型マーケティングプラットフォーム

MZ:既存のマーケティングオートメーションツールよりも、幅広く高度な施策が可能なツールなのですね。

伊東:そうですね。なので当社では、Silverpopをデジタルマーケティングプラットフォームと位置づけています。実際、機能するデータベースを持たないブランドの場合でも、Silverpopのクラウドのデータベースに既存のデータを格納し、さらにサイト内行動やメールへの反応など、今後取得するデータも蓄積していけます。

 チャネルを横断してデータを一元管理し、さらにデバイスを問わずシングルIDでユーザーを可視化・洞察するので、チャネル、コンテンツ、アプローチのタイミングまでを最適化した施策の実施が可能になります。

 Silverpopはグローバルですでに多くの企業が活用していますが、IBMでは既存のカスタマーエンゲージメントソリューションと組み合わせて、企業のオムニチャネルマーケティング支援をさらに推進します。

MZ:ちなみに、どのくらいの企業に活用されているのですか?

伊東:2,500社以上、約5,000ブランドで採用されています。クラウドサービスなので、ビジネスの規模が大きくなくても手軽に使えることが利点です。

ユーザー行動をスコアリングしてコンテンツ最適化

MZ:Silverpopは、BtoB、BtoCを問わず活用できるのですか?

伊東:はい。少し事例をご紹介しますと、まずBtoCでは、ムースジョーという米のアウトドアブランドでは、顧客の定着率が悪く、コンバージョン率が低いという課題がありました。そこで同社はSilverpopと、IBMの分析ツール「IBM Digital Analytics」を使って顧客をセグメンテーション化し、パーソナライズしたメールを配信しました。

 サイト上の閲覧箇所などの行動データと、これまでの購買データを掛け合わせてメールのコンテンツを最適化し、さらに配信時刻の最適化も図ったところ、開封率が80%に向上し、コンバージョン率向上にもつながりました。

MZ:具体的に、どうやってユーザーごとの関連性の高いコンテンツを導き出しているのですか?

伊東:この例はBtoCですが、Silverpopの特長として紹介した、リード育成に有効なスコアリングを採用しました。カタログのダウンロードや、特定ページのコンテンツをいくつ読んだかなどにあらかじめポイントを付与しておき、その蓄積数によって顧客との関係の深さを推測、コンテンツを出し分けています。

 スコアリングは加算方式だけでなく、しばらく接触がない、メール開封やサイトへの来訪が減ったなどの行動でマイナスポイントを加算するなどの設定も可能なので、長期かつ緻密に顧客体験を積み重ねることが有効なBtoB商材には最適ですね。

資料ダウンロード

業種別に詳細解説!一挙25社を紹介した読み応えあるSilverpop導入事例集のダウンロードはこちらから。

お問い合わせ先/日本アイ・ビー・エム株式会社

次のページ
施策をすぐに実行し、タイミングを逃さない

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/05/26 17:46 https://markezine.jp/article/detail/22104

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング