SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IBMとソフトバンク、IBM Watson日本語版を提供開始

 日本IBMとソフトバンクは、日本でのIBM Watsonを活用した新しいアプリケーションの開発に利用できる6種類のコグニティブ・サービスの日本語版の提供開始を発表した。なお、IBM WatsonのAPIは日本語で提供され、具体的には、下記のソリューションが含まれる。

言語

  • Natural Language Classifier(自然言語分類):開発者は意図や意味を理解し、質問が異なる方法でなされた場合でも回答を見つけ出す製品やアプリケーションを開発可能にする。
  • Dialog(対話):人間が質問する時の個人的なスタイルに合わせた会話を生み出すことで、アプリケーションのより自然なインタラクションを可能にする。
  • Retrieve and Rank(検索およびランク付け):データの中にある「信号」を検知し、最も見つけることが難しい情報を見つけ出すことを支援する機械学習を活用。情報検索を向上する。
  • Document Conversion(文書変換):PDFやWord、HTMLといった異なるフォーマットのコンテンツを、Retrieve and RankのようなIBM Watsonのサービスで使用できるフォーマットに変換する。

スピーチ

 Speech to Text(音声認識)およびText to Speech(音声合成)サービスによって、開発者がアプリケーションを日本語で開発することを可能にする。

 また、ソフトバンクは今回の提供開始に先立ってIBM Watsonエコシステムプログラムを構築・提供し、2015年10月からエコシステムパートナーの正式募集を開始。現時点で十数社を選定。同社代表取締役社長 兼 CEOの宮内 謙氏は「日本IBMやエコシステムパートナーと共にコグニティブ・ビジネスの新しい市場を創造し、これまでにない革新的な価値をお客様に提供していきます」と見解を示している。

【関連記事】
IBM、自然言語を使ってビジネス予測・グラフ化を自動化「Watson Analytics」無料提供
IBM、海外エージェンシー3社の買収を発表~顧客のデジタル変革に対するニーズに対応
日本IBM、「IoT事業開発推進室」を新設~IoT技術の活用を推進・支援
毎月1分で1000台分の販売受付が終了する「Pepper」、店頭での購入申し込みが可能に
IMJ、感情認識型パーソナルロボット「Pepper」用のコミュニケーションアプリを開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/02/19 08:00 https://markezine.jp/article/detail/23941

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング