SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

スゴイ才能を発掘したよ。ネット界★スーパークリエイター列伝

YouTube&ニコ動で1000000回再生!耳コピ演奏の達人「スタインウェイの人」松澤健さんインタビュー

「ピアノは最高のおもちゃ」

 父親はサラリーマンなんですけど、英語がものすごく好きで、発音や語源を研究して本まで出したので、自分にもあるそういった自分の好きなことに没頭するのは、父親の血なのかなと思いますね。

――発車メロディの他に好きな音楽はありますか?

 日本人ではX JAPANやYMOが大好きです。クラシックではショパンが大好きでよく弾いていますけど、あとはゲームの音楽ですね。6歳のときにドラクエ3の音楽に出会ってからずっと好きで、その頃から弾いています。特にファミコンの3和音が素晴らしいと思っているので、それを忠実に再現するのがこだわりです。ただファミコンの音楽って、人間が演奏することを考えていないので、原曲を再現するのは相当難しいんですよ。動画の中には30回くらいやり直した曲もあります。

ゼルダの伝説のオープニング曲。指さばきが見事!(ちなみにこれは一発撮り)

原曲をリアルに再現したドラゴンクエストシリーズは感動もの!

――お~っ、これはすごいですね!小さいころ夢中で遊んでいた頃を思い出しました。ピアノ演奏の動画を公開して良かったことは何ですか?

 何より一番嬉しいのは、僕の動画をきっかけにピアノを始めました、あるいは再開しましたというメッセージを頂いたときです。僕には「楽器を演奏する楽しさをより多くの人に伝えたい」という願いがあるので、それができたらこれ以上嬉しいことはないですね。

――4月から就職が決まったそうですが、どんなお仕事をされるのですか?

 楽器メーカーのヤマハ株式会社で、エンジニアとして仕事をする予定です。

――あのヤマハですか!松澤さんにぴったりの会社ですね。面接で動画の話はしなかったのですか?

 実はヤマハの面接でも動画の話を少ししました。最終面接の最初3分間は何をしてもいいというのがあって、発車メロディのYouTubeの画面をプリントアウトして、面接官の方にアピールしました。それは合否とはほとんど関係なかったとは思いますが(笑)。

――これからはヤマハの人と呼ばれるかもしれませんね(笑)。それでは最後の質問ですが、松澤さんにとってピアノとは何ですか?

 最高のおもちゃですね。おもちゃというと語弊もあってプロの方たちにも失礼なのですが、いじっていて楽しいものなので、自分にとっては最高のおもちゃです。

 あとは世界共通の言語だと思います。自分の動画に対して外国人の方からもメッセージを頂きますし、ピアノ一台あれば、世界中の人とコミュニケーションがとれると思います。楽器は本当に素晴らしいものですね。

――なるほど。今日はありがとうございました!

【おわりに】松澤さんにお話をうかがう前は、動画ではご自身のことを語っていないので、どういう方なのかさっぱり予想できなかったのですが、実際お会いしてみたら好青年で、動画に関する数多くのエピソードを聞かせてくださいました。お父様がベストセラー本『英語耳』の著者というのは驚きました。今後の新作動画も期待しています!
【今回の参考リンク】
松澤さんの動画まとめサイト「YouTube-ニコニコ動画 動画まとめ」
「松澤健 - 発車メロディメドレー」
松澤さんのお父様のサイト「英語・発音・語彙-英語耳」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
スゴイ才能を発掘したよ。ネット界★スーパークリエイター列伝連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

武田 タケ(タケダ タケ)

ライター、社食探検隊、ネット研究家。CAREERzine「社食探検隊が行く!」、Markezine「スゴイ才能を発掘したよ。ネット界★スーパークリエイター列伝」連載中。編...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング