MarkeZine(マーケジン)

記事種別

その場でアクションしてもらうためにはどうすればいい? ディスプレイ広告で『効く』コピー8つの型

2016/08/18 08:00

ヒットするとデカイ! 上級者向けの型

 初心者向け6つの型は公式にあてはめれば、誰でもある程度のコピーを作成することができます。しかしそれでは競合他社に差をつけることはできません。最後に当たった時の効果は大きい反面で難易度の高い「上級者向けの型」を2つご紹介します。

7ぎくっと型

 潜在層にいきなりアクションを起こさせる強力な型です。私はこの型を使った際に同じ商材の他の広告に比べて、コンバージョン率をほぼ維持しながらクリック率が約10倍になったことがあるくらい強力です(もちろん有意な差と言える程度のコンバージョン数がありました)。

 ユーザーが持っているコンプレックスや課題に対して、「ハッと」するフレーズで指摘します。指摘する内容も重要ですが、表現方法や使うフレーズで成果が大きく変わるため、ヒットするコピーが見つかるまで何度もテストをしなければならないことがほとんどです。また、ユーザーに不快な印象を持たせる可能性もあるため、注意が必要です。

 例文コピー

 いつまで偏った食生活続けますか

 あと何回ダイエットに挑戦しますか

 誰でも解決したいけどできていない課題があります。それは食生活だったりダイエットだったり、恋愛・仕事・夫婦成果など様々です。その課題の中から、自社の商品やサービスが解決できる課題を探します。そして嫌な奴になりきって「ちょっと上から目線」で指摘してあげるのがポイントです。筆者の経験では「●●しますか」「●●ですよ」といった口調が特に反応が良い傾向にあります。

発想のヒント

 ユーザーはどのようなコンプレックスを持っているか

 ユーザーが指摘されたくない悪い習慣はなにか

 「嫌な奴」になりきって、悪い習慣を指摘するとしたら、何というか

8感情移入型

 ユーザーの声をそのままコピーにするという点では、共感型と類似しています。共感型の場合は商品やサービスを使った際の喜びの感想を言葉にしましたが、感情移入型は「商品やサービスを使う前」の欲望や欲求(意気込み・心の声)をそのままコピーにしてしまいます。心の叫びのようなコピーになり、同様の感情を持ったユーザーを強く引き込むことができます。しかし、ネガティブな表現(●●したくない等)はぎくっと型と同様、ユーザーに不快な印象を持たせる可能性もあるため、注意が必要です。

 例文コピー

 絶対にあと5kg痩せてやるー

 もうこれ以上、太りたくない…

 変化型では具体的な数値を伝えられない場合でも、感情移入型であれば伝えられることがあります。具体的な数値+意気込みのコピーは非常に強力です。●●したくないといったネガティブな表現はリスクもありますが、誰でもポジティブな感情とネガティブな感情があり、商品やサービスによってはネガティブな表現の方が反応を得やすいこともあります。

発想のヒント

 ユーザーの欲望・欲求はどんなことか

 ユーザーの欲望・欲求(意気込み・心の声)を言葉にしてみるとどうか

 「―」や「…」を使って感情が伝わるような表現にできないか

 ※YDNではタイトルに「!」や「♪」も使えますので、積極的に使っていきましょう。

 以上が、私の見つけたディスプレイ広告に効く型です。表にするとこんな感じ。

ディスプレイ広告で『効く』8つの型(クリックで拡大します)
ディスプレイ広告で『効く』8つの型

 ですが今回紹介した型は成功例の一角でしかないでしょう。粘り強く検証すれば必ずヒットするコピーが見つかります。ぜひオリジナルの型を見つけて、プロのコピーライターに負けない、ヒットする(成果の出る)コピーを作り続けていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5