SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ピクスタとPR TIMESが業務提携、プレスリリースへPIXTAの画像素材を利用可能に

 PIXTAを運営するピクスタと、PR TIMESを運営するPR TIMES社は、9月9日より業務提携を開始した。「PR TIMES」企業会員は、プレスリリース登録画面の「画像ファイルをアップロード」メニューより、「PIXTA」の画像素材(利用可能な素材は1500万点超)を追加料金なしでプレスリリースへ自由に配置できるようになる。また、配信されたプレスリリースから、ワンクリックで使用した画像素材の購入・使用が可能となる。

 現在、プレスリリースは、従来のマスメディアを対象とした報道資料としてだけでなく、生活者が直接接触する一次情報の役割も果たすようになってきた。そのため、プレスリリースをいかに多くの目に留めてもらうかが、企業広報担当者の課題になっている。「PR TIMES」が画像有りのプレスリリースと画像無しのプレスリリースのアクセス解析を行ったところ、画像有りのほうが、本文最下部までの読了率はスマートフォンで約2.4倍、PCで約1.4倍、良い結果となった。

 ここから、PR TIMES社は人々の目に留まる情報として、ビジュアルを活用したWebコンテンツを成立する方法が有効であると考えられる。一方で、十分なビジュアル素材を用意できないケースや、情報とマッチしたビジュアル素材を用意するには手間がかかるケースも少なくない。そこで、今回、PIXTAとPR TIMESを連携させるに至った。

【関連記事】
PIXTA、スマホ写真を売買できるアプリ「Snapmart」を子会社化
YouTuberと企業のマッチングプラットフォーム運営するBizcast、PR TIMESと提携
PR TIMESが新会社設立へ〜自然言語処理で広報効果を調査
ピクスタ、DeNAのキュレーションプラットフォームに画像素材を提供
タグピク、インスタグラムの写真運用代行サービス「段ボールソリューション」スタート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/09/12 08:00 https://markezine.jp/article/detail/25174

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング