SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

D2C Performance Ads、「dメニュー」の検索結果へアプリ訴求特化した広告配信が可能に

 D2Cは10月26日、スマートフォン向け検索連動型広告「D2C Performance Ads」の新機能として「アプリプロモーション広告」の提供を開始した。

 同機能は、アプリディベロッパー向けに開発され、アプリ訴求に特化した広告配信ができる。具体的には、広告クリエーティブ内にアプリアイコンやダウンロードリンクなどを設けることにより訴求対象アプリの視認性を高め、アプリマーケットへの誘引、ダウンロードを促進する。

 また、同機能では運用型広告特有の複雑な入稿や配信設定の大幅な簡略化を実現。クリエーティブに使用するアプリアイコンやレイティングなどの情報は、出稿時にアプリIDもしくはパッケージ名を入力するだけで自動入稿され、マーケットでの情報更新に合わせて自動更新する。検索連動型広告の運用の要となる出稿キーワードについても、各アプリに合わせた推奨キーワードの自動入稿・更新に対応している。

 広告掲出面は、NTTドコモが運営するスマートフォン向けポータルサイト「dメニュー」の検索結果画面や、アプリやゲームなどの専門検索結果画面を予定しており、今後D2C Performance Ads配信面内で順次拡大予定としている。

【関連記事】
D2Cソリューションズ、社名を「D2C dot」に社名変更
ユナイテッドのDSP「Bypass」とD2C Rの「ART DMP」が連携〜広告識別子もとに広告配信
D2C Rの「ART DMP」、 adjustのスペシャルパートナーに〜両ツールの連携容易に
2016年、スマートフォン広告費は5,516億円と予測【D2Cインターネット広告市場規模推計調査】
「コードアワード2016」の受賞12作品が発表~スマホならではのものや、IoTが目立つ結果に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/10/27 11:45 https://markezine.jp/article/detail/25499

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング