SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Adobe Summit 2017 レポート

「来場できない99%の人に良い経験を届ける」 NBAのCMOが語る、マーケティング戦略

 Adobeは米国時間の3月21日から23日の間、ラスベガスにおいてデジタルマーケティングカンファレンス「Adobe Summit 2017」を開催。本記事では、2日目に行われたKeynoteに登壇した、NBAのCMOを務めるパム エル氏のパートをお届けする。講演内では、NBAのファン層、ソーシャルメディアの活用をはじめ良いエクスペリエンス(経験)を届けるための工夫について語られた。

選手自身がマーケターである

 「Adobe Summit 2017」2日目のKeynoteに登壇したパム・エル(Pam El)氏は、北米で展開する男子プロバスケットボールリーグ、NBAのCMOを務めている。

 彼女は最初に「NBAはコミッショナーのアダム・シルバーをはじめ、ストーリーテリングの価値、感動でつながることの重要性を理解しています」と語った。

NBA CMO Pam El(パム エル)氏
NBA CMO Pam El(パム エル)氏

 くわえて、NBAは幸運なことに、アスリートとしての才能だけでなく、選手自身がマーケターとして、NBAというブランドを理解しており、エンターテインメント性の高い選手も多いという。ファッションのトレンドを作るような選手も出てきており、パム氏は「NBAがスポーツ、ファッション、エンターテインメントと3つのシーンをミックスしてきました」と様々な領域に影響を与えていることを示唆した。

 また、「NBAは社会のバリアを取り除くというところにも貢献しています」とパム氏は語る。たとえば、最初の女性のアシスタントコーチにベッキー・ハモン氏が就任し、スポーツ界での女性進出を成し遂げた。さらには支援活動としてアフリカ大陸でのエキシビジョンゲームを開催するなど、広く活動を行っている。

10億人以上がゲームを視聴 データに見るNBAのファン層とは

 続いて、パム氏はNBAのマーケティング活動に関わるトピックを語った。NBAはグローバルに13のオフィスを展開し、215の国や地域で試合や関連番組を放送している。イベントも世界中で年に300以上開催、NBA関連グッズは6大陸の100カ国において、125,000以上の店舗で販売されている。

 では、これだけ世界的なプロスポーツリーグであるNBAにはどういったファンがいるのだろうか。この疑問に対し、パム氏は次のように答えた。

 「1シーズンの間に、10億人以上が試合を見ています。ソーシャルメディアに関しても、Facebookは3,200万、Twitterは2,400万、Instagramには2,200万のフォロワーがいます。YouTubeの総視聴数は3.9億回を超え、最近ではSnapchatのアカウントなども開設しています。

 コアファンに関しては、テレビとPC、スマートフォンを駆使して試合のコンテンツはもちろん、オールスターやドラフト、キャンプに関する情報を閲覧しているので、彼らにオフシーズンはありません(笑)。そしてNBAの試合を見る多くの人たちはバスケットボールのプレーヤーであり、フィットネスにも関心が高いことがわかっています」(パム氏)

 パム氏はその他にも、アメリカの放送ネットワークABCが放送した2016年のNBAファイナルの第7戦の視聴率が同ネットワークのNBA中継史上最高を記録し、NBAのオンラインストアでも大きな売り上げになったことを明らかにした。それだけNBAが多くの人とエンゲージメントを築いているのだ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
直接観戦できない99%の人に経験を届ける

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Adobe Summit 2017 レポート連載記事一覧
関連リンク
この記事の著者

道上 飛翔(編集部)(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店へ入社し営業業務を行う。アドテクノロジーへの知的好奇心から読んでいたMarkeZineをきっかけに、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、下っ端編集者として日々修業中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング