SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

Salesforceユーザーのためのマーケティングオートメーション「Salesforce Pardot」の魅力(PR)

MAツール「Pardot」が待望の日本語化 先行導入企業のコネクシオが語る、その恩恵

 セールスフォース・ドットコムのマーケティングオートメーションツール「Pardot」が待望の日本語化。営業部門などマーケター以外でも使いやすく、Sales Cloudと連携すればさらに効果的なB2Bマーケティングが可能だ。日本語化されたPardotの使い心地と活用方法について、コネクシオの事例を紹介する。

MAツール「Pardot」が待望の日本語化。その背景と狙いは?

 セールスフォース・ドットコムの「Pardot」の日本語化が9月26日に発表された。「Pardot」は2015年から日本で提供が開始されたSalesforceのB2B向けマーケティングオートメーション(以下、MA)ツール。すでに国内でも多くのSalesforceユーザーへも導入が進んでおり、セールスフォース・ドットコムのプロダクトマーケティング ディレクターの田崎純一郎氏は、導入の進んだ要因として同社がこれまで提供してきたSFAとの相性の良さを挙げる。

日本語化されたセールスフォース・ドットコムの「Pardot」
日本語化されたセールスフォース・ドットコムの「Pardot」

 「マーケティングオートメーションはSFAと連携させることで、その本来の価値を引き出すことが可能となります。このため、弊社のSFAであるSales Cloudをご導入いただいているお客様の多くに、シームレスに連携できるマーケティングオートメーションツールであるPardotをご採用いただいてきました」(田崎氏)

 今回の日本語化に対し、同部署マネージャーの秋津望歩氏は、「Pardotの活用の幅を広げるための対応」と日本語化の背景を語った。

 「Pardotはシンプルでわかりやすい操作性の高さから英語版のみでも導入が進んでいましたが、今回の日本語化にともない、さらに活用の幅を広げていただけるようになりました。マーケティング用語にあまり馴染みのない営業部門の方においても日本語化を機にまだまだ導入が進むと考えています」(秋津氏)

 特に日本においてPardotは、世界と比較しても導入社数のスピードが最も早いこともあり、「全世界で15万社を超えるお客様に採用されている弊社が、今回、日本のためだけに日本語化を行いました。Pardotはすでに、それだけ多くの日本のお客様がいる、と捉えていただいていいと思います」と秋津氏。

株式会社セールスフォース・ドットコム マーケティング本部 プロダクトマーケティング
左:ディレクター 田崎純一郎氏
右:マネージャー 秋津望歩氏

 今回のPardot日本語化にあたり、セールスフォースでは一部の既存顧客への先行導入を実施した。その内の1社で長年Sales Cloudを活用され、Pardotとも連携し活用しているのが今回取材を行ったコネクシオだ。同社は法人とコンシューマー向けに携帯電話やITソリューションの販売代理店事業を展開している企業。そんな同社にPardotの活用方法、また日本語版 Pardotの使い心地と今後の期待について話を聞いた。

商談化しなかった案件をどうするか?の課題を、Pardotで解決

MarkeZine編集部(以下、MZ):はじめに、自己紹介とコネクシオのビジネスについて教えてください。

菅谷:法人営業戦略部 マーケティング開発課の菅谷沙由里です。コネクシオでは、法人のお客様へビジネスで必要なITソリューションのご提案をしています。そこで、顧客管理としてセールスフォースのSales CloudとPardotを導入しています。

コネクシオ株式会社 法人営業戦略部 マーケティング開発課
左:菅谷沙由里氏
右:高久聖未氏

高久:同じく、マーケティング開発課の高久聖未です。菅谷と私は、お客様へSalesforceの各プロダクトをご提案する専門部署におります。リードの獲得からナーチャリング、ホットなリードを営業へ共有するという一連のフローをPardotで管理しています。

MZ:Pardotを導入する前は、どのように案件管理をされていたのですか?

菅谷:ExcelとSales Cloudで管理していました。展示会での名刺交換やお問い合わせで得られたリードに対し、電話やメールでフォローを入れています。その内容をExcelにまとめ、商談化に至った場合はSales Cloudへ登録するというフローでした。

 しかし、商談化しなかった案件はそのままという状態が続いていたのです。せっかく興味を持ってお問い合わせをいただいたのに、その後のアクションが起こせないのは機会ロスであるという声が社内にありました。そこへPardotのご提案をいただきまして、課題が解決できると考え導入しました。

コネクシオの事例についてより詳しく知りたい方に朗報

 本記事に登場しているコネクシオの事例に関するホワイトペーパーを現在配布しています。資料内では実際にSalesforce製品をどういった組織体制で活用しているのか、活用によって生まれた具体的な効果など記事では語りきれない内容も多く含まれています。ぜひ記事とあわせて閲覧することをおすすめします! 詳細はこちら

次のページ
Sales Cloudとの連携がPardot導入の決め手に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
Salesforceユーザーのためのマーケティングオートメーション「Salesforce Pardot」の魅力連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

マチコマキ(マチコマキ)

広告営業&WEBディレクター出身のビジネスライター。専門は、BtoBプロダクトの導入事例や、広告、デジタルマーケティング。オウンドメディア編集長業務、コンテンツマーケティング支援やUXライティングなど、文章にまつわる仕事に幅広く関わる。ポートフォリオはこちらをご参考ください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/10/30 15:56 https://markezine.jp/article/detail/27103

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング