SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

顔認識AIが性別・年代・表情を推定しお勧めの本を紹介!sMedioとトーハン、AI書店員を開発

 sMedioは、トーハンと共同で顔認識AI技術を応用した書店店頭用デジタルサイネージ型システム「AI書店員」を開発。11月6日より、ブックファースト新宿店において実証実験サービスをスタートした。

 「AI書店員」のシステムは、店舗用デジタルサイネージシステムに顔認識AIソフトウェアを搭載したものだ。デジタルサイネージの画面を見ている人物の顔の映像から性別・年代・表情を推定し、表示内容を変更することができる。なお表示内容の判定は顔認識AIによるリアルタイムの映像解析を基に行われ、個人の特定や映像の録画・保存はしないよう、プライバシーに配慮している。

 「AI書店員」では、顔認識AIの検出対象者を1名に限定し、デジタルサイネージの表示を対話型の内容とすることで、それぞれの視聴者に最適なお勧めの作品を表示することが可能になる。これにより、リアル店舗におけるプロモーションならではの、ゲーム感覚で楽しめる体験型ショッピングを実現する。

 また今回のプロモーションは、複数企業のコラボレーション企画として、アガサ・クリスティー作品フェアと連動して実施。早川書房が数十点のアガサ・クリスティー作品から、性別・年代・表情に合わせたお勧めのタイトルを選定している。また、AXNミステリー提供によるプロモーション映像も表示される。

【関連記事】
ジャパンネット銀行、LINEでの問い合わせ対応を開始 AIで24時間365日対応
東芝デジタルソリューションズ、AIで店員の行動分析行う実証実験を開始
リクルート、アパレル店員と顧客のチャットツール『dood』リリース~店舗への再来店促進へ
西友と日本NCR、データ分析でセルフレジ運用率アップ、2015年には90店舗に設置
電通デジタル、データロボットとパートナー契約締結 AI活用したマーケソリューションを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング