SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

転換期におけるデジタルマーケティング(AD)

効果測定✕広告配信が想定以上の成果を生む アドエビスとLogicadで創る新しいマーケティング

成功のカギは最初から細かくセグメントをしないこと

MZ:ワンスターさんのお話を聞いてお二人としてはいかがでしょうか。

廣氏:アドエビスのデータを活用した拡張配信が、良い結果につながったと聞けて非常に嬉しいです。もちろん青木さんの勘所の良さが大きかったと思いますが、複雑なことをせずにまずはシンプルなセグメントで拡張配信してみたところ、結果につながったということなのでこういった知見をきちんと伝えていきたいと思います。

MZ:デジタルマーケティングは可視化できてしまう分、細かくセグメントしすぎてしまうという弊害は良く聞きますが、まずはシンプルにやってみる大切さがわかりますね。黒澤さんはいかがでしょうか。

黒澤氏:「そもそも、どうセグメントを切って配信すればよいのかわからない」「セグメントして配信してみたがボリュームがでない」など、セグメントに関するお悩みはよく伺いますし、解決していかなければならない課題だと認識しております。その中で今回の事例は一つの解決策としてご紹介できるのでありがたいですし、実際にその効果を実感してもらうためにしっかりとサポートしていきたいと考えております。

青木氏:私自身もまだまだ試行錯誤中ですが、最初はざっくりとしたセグメントで配信してみてその結果をアドエビスで計測し、それを元にセグメントを作り直すといったサイクルを回していけるとよいのではと思います。

密なコミュニケーションでさらなる進化を

MZ:最後に今後について教えてください。それぞれの立場からどのようなアクションを考えていますか。まず青木さんから教えてください。

青木氏:今回実際に配信してみて、アドエビス側のデータ設計が大事だと感じました。そもそもアドエビスのデータを使って広告を配信するという発想がなかったので、発想の転換が必要ですね。

 チェックツールとしてではなく、DMP的な発想で「こんなデータが取れているからこんなセグメントでの広告配信ができるかもしれない」という視点で取り組んでいきたいですね。できること、やりたいことはたくさんあります。まずは今の枠組みの中で色々なセグメントにチャレンジしていきたいと考えています。

廣氏:青木さんもおっしゃったようにアドエビス側でのデータ設計は重要なポイントです。その重要性が高まってきているので、最近は私たち自身が導入の初期段階で設計のコンサルティング入るケースも増えています。中長期的な視野に立ち活用を促進していきたいですね。

黒澤氏:まずはこれまでお申し込みを頂いているお客様の要望にきっちりと応えていきたいですね。これまで弊社はクライアントを中心に向き合っていたので、何か要望を頂いてそれに対して応えるというコミュニケーションだけでしたが、今回ロックオンさんとコミュニケーションをさせて頂きつつ進めることで「あれもできます」「これもできます」というように、ディスカッションしつつ進められたことは大きな収穫でした。

廣氏:まさに黒澤さんがおっしゃるようにコミュニケーションは重要だと思います。どういう意図でセグメントを切ったのか。その狙いはなんなのか。それぞれの目線を合わせつつ進めていかないとよい成果に結びつけることはできません。「こういう目的でやっていきましょう」という握りをきちんとやることが大切です。

 ローンチしてからまだ半年のサービスではありますが、お引き合いも多く今後も色々な事例を増やしていきたいと考えております。皆様の期待に応えるべく、関係者一丸となってサービスを磨き上げていきたいですね。

6月22日(金)セミナー開催決定!

データ計測~セグメント~拡張配信で広告効果を最大化!アドエビスとLogicadで実現する新規顧客獲得施策のご紹介。お申し込みはこちら

各サービスについて

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
転換期におけるデジタルマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/05/09 10:00 https://markezine.jp/article/detail/28180

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング