MarkeZine(マーケジン)

記事種別

デバイス/ブラウザ間のユーザー行動を可視化 アドエビス、AI搭載の「クロスデバイス機能」をリリース

2018/06/07 12:30

 ロックオンは、同社が提供するマーケティングプラットフォーム「アドエビス」において、デバイス/アプリ/ブラウザ間を横断してユーザー行動を可視化する「クロスデバイス機能」を2018年8月より提供開始することを発表した。

 クロスデバイス機能は、アドエビスが取り扱う年間120億を超える国内のアクセスログデータと3rd Partyデータを、独自に開発したAIへ組み込むことにより、デバイス/ブラウザを横断した同一ユーザーを類推する。これにより、クロスデバイスの紐付け対象ユーザーを飛躍的に増加し、より高い精度でデバイス/ブラウザを横断したユーザーの購買行動の分析が可能となる。

AIで同一ユーザーを類推
AIで同一ユーザーを類推

 従来の計測では、スマートフォンで情報収集したユーザーがPCでコンバージョンした場合、別ユーザーとして計測されていた。クロスデバイス機能では、これらのプロセスを「同一ユーザー」として紐付けを行うため、認知から購買までデバイス/ブラウザを横断した態度変容が可視化される。これにより、アプリ横断を加味した広告効果測定や、デバイスを横断したカスタマージャーニーの分析といった、マーケティング戦略のパーソナライゼーションを実現する。

【関連記事】
ロックオン、インテージと協業でアドエビスの新サービスを開始
Web接客ツールの「Sprocket」、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と連携
CRMクラウドサービス「Synergy!」、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」と連携
ロックオン、サイバー・コミュニケーションズと連携 「アドエビスCCI分析パッケージ」をリリース
アドエビス、「Smart Canvas」と連携 20社以上のDSP配信の表示データ使った分析可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5