SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通西日本、ジェネシスコミュニケーションと連携 BtoB領域のインバウンドマーケティングを支援

 電通西日本は、「マーケの強化書」を運営するジェネシスコミュニケーションと、インバウンドマーケティング支援において協業を開始した。

 電通西日本は、2016年11月より、電通グループとして初のHubSpot(※)の正規認定パートナーとなり、BtoCやBtoB企業向けに導入支援サービスおよびコンサルティング業務を開始している。一方ジェネシスコミュニケーションは、HubSpotをはじめとするインバウンドマーケティング支援を提供している。

 本連携により、両社はBtoB領域におけるインバウンドマーケティングにおいて、潜在顧客の掘り起こしから、顕在化した顧客の刈り取り、育成、既存顧客の優良顧客化まで、戦略的なインバウンドマーケティングをワンストップで提供できる体制を構築し、BtoB企業へのソリューションの提供を推進していく。

※HubSpot:様々なデジタルマーケティングソリューションが誕生する中、Hubspot社(本社:米国)が唱える、消費者が能動的に「情報検索→見込み顧客化→顧客化→ファン化」という育成型(またはエンゲージメント型)のコミュニケーションである「インバウンドマーケティング」が国内外で注目されおり、これを実現するMAオールインワンパッケージソフトが「HubSpot」である。

【関連記事】
CRMに動画分析機能を統合し、リードナーチャリングに貢献 ブライトコーブとHubSpotが提携へ
HubSpot、無料のCRMとシグナルツールを含むセールスプラットフォームをローンチ
電通ダイレクトマーケティングと電通ダイレクトソリューションズが合併へ
ウォンテッドリーと電通が業務提携 名刺管理アプリのデータを活用した企業向けソリューションを共同開発
「世界の広告費成長率予測」発表、ソーシャルとオンライン動画がデジタルの成長を牽引【電通イージス調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/07/03 08:00 https://markezine.jp/article/detail/28779

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング