MarkeZine(マーケジン)

記事種別

メディア×SNSで「体感型コミュニケーション」を ケルヒャー ジャパンとLIMIAの挑戦

2018/10/17 10:00

 清掃機器メーカーのケルヒャー ジャパンは、インドア向け家庭用清掃機器の認知を拡大するため、ライフスタイルメディア「LIMIA」を活用。インスタグラマーによる動画投稿、タイアップ記事広告により、「体感型コミュニケーション」を実現した。ケルヒャージャパンの朝喜謙二氏と、LIMIAの金子泰章氏に、施策のポイント・成果について尋ねた。

ケルヒャー ジャパンの抱える2つの課題を解決するために

MarkeZine編集部(以下、MZ):まず、今回の施策全体の狙いを伺えますか?

朝喜:ケルヒャー ジャパン(以下、ケルヒャー)は、高圧洗浄機が主力商品の清掃機器メーカーです。日本法人が設立されてから今年で30周年を迎えます。元々は業務用の清掃機器からスタートし、そこで得られたノウハウを活かして、現在では家庭用清掃機器へも事業を展開しています。家庭用清掃機器には、屋外で使う高圧洗浄機のほか、スチームクリーナーや窓用バキュームクリーナーなど、インドア向けの商品もあります。今回の施策では、この「インドア向け家庭用清掃機器」の認知・売り上げを拡大することを目的としていました。

ケルヒャー ジャパン株式会社 マーケティング部 部長 朝喜謙二氏
ケルヒャー ジャパン株式会社 マーケティング部 部長 朝喜謙二氏

MZ:ケルヒャーと言えばテレビショッピングのイメージが強いのですが、今回広告戦略としてLIMIAへの記事広告出稿に至った理由を教えてください。

朝喜:インドア向け家庭用清掃機器の認知・売り上げ拡大には、大きく2つの課題がありました。1つ目は、女性からの認知が低いことです。元々の主力商品がアウトドア向けの高圧洗浄機であったこともあり、男性からの認知は得ていたのですが、女性へのリーチには課題感をもっていました。

 もう1つは、弊社の商品が少々特殊に捉えられており、「実際に使ってみないとわからない」とお客様に思われていることです。家電量販店やホームセンターの店頭で商品の実演を定期的に行ってはいるのですが、それだけではリーチ数は限られます。そこで、メディアやSNSを活用し、お客様に商品の使い勝手を体感していただく、「体感型コミュニケーション」を実現できないかと考えました。

 この2つの課題感に対し、最も適したメディアがLIMIAさんだと思い、今回の記事出稿に至りました。

人気のブロガー&インスタグラマー約800名からキャスティング

MZ:LIMIAはどのようなメディアなのでしょうか?

金子:LIMIAは、住まい・暮らし領域に特化したライフスタイルメディアです。立ち上げてからおよそ3年弱ですが、現在20~50代の女性を中心に、月間で500万人ほどのユーザーに来ていただけています。掲載記事としては、弊社の編集部が制作するものと、ネット上で人気のブロガーやインスタグラマーといったインフルエンサーの方々に投稿いただくものがあります。

リミア株式会社 代表取締役社長 金子泰章氏
リミア株式会社 代表取締役社長 金子泰章氏

金子:事業としては、このLIMIAの媒体力や提携インフルエンサーを活用したマーケティング事業を主に展開しています。企業様からはプロモーション企画の際にインフルエンサーさんをキャスティングしたいという相談が非常に多くありまして、そこで我々が企業様のサービス・商品の特徴や訴求ポイントをお伺いしながら、提携しているインフルエンサーさん約800名の中から最適な方をキャスティングし、記事やSNS投稿の制作をディレクションしています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5