MarkeZine(マーケジン)

記事種別

NVIDIA、データ分析と機械学習をGPUで加速させるプラットフォーム「RAPIDS」を発表

2018/10/11 15:00

 NVIDIAは、大規模データ分析やマシンラーニング向けのGPUアクセラレーションプラットフォーム「RAPIDS」を発表した。

 オープンソースソフトウェアの「RAPIDS」は、クレジットカード詐欺の予想や小売り在庫の予測、顧客の購入行動の理解など、複雑なビジネス課題に取り組むデータサイエンティストのパフォーマンスを向上させる。

 初期の「RAPIDS」のベンチマークでは、「NVIDIA DGX-2」システムでのトレーニング用に「XGBoost」マシンラーニングアルゴリズムを使用した場合、CPUのみのシステムと比べ50倍のスピードアップに成功。このためデータサイエンティストは、データセットのサイズによって何日間もかかっていたトレーニング時間を数時間に、あるいは数時間を数分に削減できるとしている。

 同社には、Anaconda、BlazingDB、Databricks、Quansight、scikit-learnといったオープンソースエコシステム提供者が協力している。また、「RAPIDS」へのサポートを表明しているテクノロジー企業には、Hewlett Packard EnterpriseやIBM、Oracleなどがある。

【関連記事】
トヨタ、NVIDIAのAI技術を採用~自動運転車の市場導入を加速
オリコ、機械学習プラットフォーム「DataRobot」を導入 データ分析の効率化や精度向上を実現
セプテーニ、機械学習を活用した運用レコメンドツールを開発 コンサルタントの作業効率向上へ
サイトコア、新たに「Sitecore Experience Cloud」を発表 機械学習ツールを搭載
NTTコミュニケーションズ、GCPを組み合わせたデータ分析ソリューションの提供を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5