MarkeZine(マーケジン)

記事種別

キャッシュレス決済、実店舗における女性の利用実態は?【リビングくらしHOW研究所】

2019/02/26 07:30

 女性マーケティングの情報サイトを運営するリビングくらしHOW研究所は、実店舗での買い物に現金以外の決済方法を利用している全国1,360人を対象に、「キャッシュレス決済」についての調査を実施した。

パート・アルバイトの場合、「流通系電子マネー」で高い利用率

 はじめに、利用しているキャッシュレス決済の手段を調査。その結果、「クレジットカード(86.3%)」がトップとなり、次いで「流通系電子マネー・カード式(44.6%)」「交通系電子マネー・カード式(41.9%)」が続いた。

 また、回答者の働き方別に見ると、フルタイムでは「交通系電子マネー・カード式」、パート・アルバイトでは「流通系電子マネー・カード式」の利用が、クレジットカードに次いでそれぞれ多いことが明らかになった。

利用しているキャッシュレス決済方法(複数回答)

約半数が、キャッシュレス決済の利用意向を明らかに

 次に、支払い全体を「10」としたときのキャッシュレス決済の割合を調査。すると、スマホ・QRコード決済の利用者は全体で10%に満たないものの、現金とキャッシュレス決済の割合は、ほぼ半数ずつという結果になった。

 また、キャッシュレス決済よりも現金の利用が多いと答えた人に、「もっとキャッシュレス決済を利用したいか」と尋ねたところ、約半数が「もっと利用したい」と前向きな意向を示した。

支払い全体を「10」としたときのキャッシュレス決済の割合(実店舗での支払いのみ)

キャッシュレス決済の懸念は「使える店が限られる」こと

 最後に、カード式電子マネーを利用することで得られるメリットについて調査。その結果、「キャッシュバックやポイントがたまる」「会計がスムーズ」という回答が半数を超えた。

 対して、デメリットにおいては「店によって使える電子マネーが違う」という回答が約6割だった。その他、「残高管理がしにくい」「ついお金を使い過ぎてしまう」などが約2割にのぼった。スマホ決済利用者が挙げたデメリットにおいても、「使える店が限られる」「スマホ特有のトラブルやセキュリティ問題」など同様の意見が集まり、「残高管理がしにくい」は11.0%だった。

(左)電子マネー・カード式で感じるデメリット
(右)スマホ決済で感じるデメリット

【調査概要】
調査期間:2018年12月19~25日
調査方法:サンケイリビング新聞社公式サイト「リビングWeb」「あんふぁんWeb」「シティリビングWeb」でのアンケート
調査対象:実店舗の買い物に現金以外の決済方法を利用している女性/集計数:1,360人(平均年齢:44.7歳)

【関連記事】
F1層の8割以上が「キャッシュレス化が当たり前になる」と回答【ミュゼマーケティング調べ】
楽天グループ、ホームスタジアムを“完全キャッシュレス化”へ 「スマートスタジアム構想」を発表 
大日本印刷、各種キャッシュレス関連サービスを連携!顧客・決済情報を組み合わせた分析が可能に
"現金派"が最も多いのは20代女性/約6割が「キャッシュレス化をしたい」と回答【マクロミル調査】
自販機に触れることなく購入可能!コカ・コーラ、キャッシュレス決済機能「Coke ON Pay」を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5