SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スマホ利用は約8割が「アプリ」から/「ほぼ毎日利用するアプリ」は8個【ニールセン デジタル調査】

 ニールセン デジタルは、スマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView) 」のデータをもとに、2018年の12月の日本におけるスマートフォンの利用時間やアプリの利用個数などの利用状況を発表した。

スマートフォンの1日の平均利用時間は約3時間/アプリからの利用が全体の84%

 まず、スマートフォンの利用時間を調査したところ、2018年12月におけるスマートフォンの1日あたりの平均利用時間は3時間5分となった。2017年7月や2018年7月と比べると、大きく変化していないことがわかる。アプリからの利用とWEBブラウザからの利用の内訳を見ると、アプリからの利用時間は全体の84%を占める結果に。2017年7月と比べるとアプリの利用時間シェアが3ポイント減少しているものの、内訳に大きな変化は見られなかった。また、年代別に利用時間やアプリとブラウザの利用時間シェアを比べても、大きな差は見られなかった。

「ほぼ毎日利用するアプリ」は8個

 次にアプリの利用個数を調査したところ、月に1回以上利用するアプリの数は30.8個で、月に31回以上利用される(=ほぼ毎日利用される)アプリは8.0個という結果に。2017年からの増加数は、1~2個にとどまっている。アプリの利用個数も年代間で大きな差は見られず、どの性年代でも月に30個前後のアプリを使用していることがわかった。

若年層の「月間動画視聴時間」が1年間で約2時間増加

 最後に、利用時間が1年前と比べて大きく増加していたカテゴリーを調査。すると、動画サービスが含まれる「ビデオ/映画」や「ポータル、コミュニティ」「総合ニュース」「音楽」「健康、フィットネス、栄養」で月間の利用時間が40~100分程度増加していることがわかった。これらのカテゴリーはどの年代でも利用が増加しており、18~34歳では特に「ビデオ/映画」の利用時間が約2時間増加していることがわかった。

【関連記事】
若年層の約9割がスマホだけでYouTubeを利用/有料動画アプリの利用率は25%増【ニールセン調査】
キャンペーンの「オンターゲット率」、モバイルとPCで最大約10%の差に【ニールセン デジタル調査】
プライムタイムは今でも存在するのか?米国のメディア視聴状況を発表【ニールセン調査】
Instagramが大躍進!ネットサービスの利用者数ランキング2018【ニールセン デジタル調査】
クライドの「ADMATRIX DSP」がニールセンとデータ連携 動画広告の詳細な効果測定が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング