MarkeZine(マーケジン)

記事種別

攻めの広報から経営者へ 「広報脳」を武器に新規市場を切り拓く

2019/09/25 14:15

 広告・マーケティング業界で活躍する人物の職業人生、キャリアを伝える本連載。今回は、eStreamの高井里菜氏を紹介する。CyberZで、攻めの広報として活躍していた高井氏は、現在、同社関連企業のeStreamにて代表取締役社長を務めている。サイバーエージェントグループ内でも、女性の経営者は異色のキャリア。成長したい、会社に貢献したいと熱意を絶やさない高井氏の仕事スタイルを追った。

目次

※本記事は、2019年9月25日刊行の定期誌『MarkeZine』45号に掲載したものです。

広告営業から「攻めの広報」へ

株式会社eStream 代表取締役社長 高井里菜(Rina Takai)
2014年にサイバーエージェントへ新卒で入社後、CyberZに配属。スマートフォン広告の営業を経て、広報職に。eスポーツ事業の広報立ち上げを担い、攻めの広報として同事業の成長に貢献。2017年には、サイバーエージェントグループの全社総会にて「最優秀ベストスタッフ賞」を受賞する。2018年4月より、eStreamのオンラインくじサービス「eチャンス!」の事業責任者に。同年10月から、現職。

――まずは、広報時代のお話から聞かせてください。

 実は、元々広報になりたかったわけではなかったのです。2014年にサイバーエージェントに入社した私は、急成長する子会社CyberZへの配属を志望し、スマートフォン広告の営業になりました。それから1年ほど経ったとき、代表の山内(CyberZ代表取締役社長・サイバーエージェント常務取締役 山内隆裕氏)から、「広報を任せたい」と声をかけられたのです。当時の私は、広告営業としてもっと成長したいと考えていました。ビジネスの最前線で、バリバリ働きたいと望んでいたのです。そのような考えもあり、“広報とはバックオフィスでみんなを支える立場”というイメージが強く、最初は抵抗を強く感じました。しかし、山内からの「広報も事業責任者。攻めの広報になって欲しい」という強いメッセージに心を動かされ異動を決意し、私自身も広報に携わる中で、徐々に「広報は営業に似ている」と感じるようになりました。広告営業の役割は、クライアントのサービス価値の本質を理解してユーザーに届けることが仕事でしたが、広報は「自社の市場における価値」を世の中に伝えることが仕事です。表現の手法が幅広く自由度も高いことから、広告営業の仕事以上に裁量の大きい仕事であると気づき、今までにない広報の姿を作ることへの挑戦を決意しました。その決意が、事業部が挑戦しやすいブランドイメージを作っていく「攻めの広報」につながったのです。


この続きは、定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後にお読みいただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスで今必要な情報を、毎月厳選してお届けする年間サービスです。先進事例、キーパーソンの考え方、成果を出すノウハウなど、効率よく学ぶことができます。紙の雑誌をお届けするほか、以下の様な特典があります。
●プレミアムイベントに特別招待
●プレミアム記事がWebで読み放題
●「MarkeZine Stock」のデータが使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5