MarkeZine(マーケジン)

記事種別

プレイド開催の「CX DIVE 2019 AKI」でクラシコム青木氏とコエドブルワリー朝霧氏が対談

2019/10/11 16:00

 CXプラットフォーム「KARTE」を提供するプレイドは「CX DIVE 2019 AKI」を10月25日(金)虎ノ門ヒルズフォーラムにて開催する。当日の登壇者とセッションタイトルが「CX DIVE」公式サイトに公開された。

 Keynote Sessionではクラシコムの代表取締役青木耕平氏とコエドブルワリー代表取締役社長の朝霧重治氏が対談。その他、ビジネスにとどまらず行政など様々な領域からCXを追求するプロフェッショナルを招き、地域経済、ブランド体験、イノベーション、スポーツクラブ、社会課題など多岐にわたるテーマでのセッションが予定されている。

 また、新しいCXを体験できるエリアとして、各種サービスやプロダクトに触れられるエリアを設ける。ブース展示に加え、プレゼンテーションも実施予定で、衣食住、エンターテインメント、テクノロジーなど、様々な領域から出展者が参加予定。

【CX DIVE 開催概要】
日時:10月25日(金)11:00-19:00(予定)
場所:虎ノ門ヒルズフォーラム(東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー4F・5F)
参加費用:無料(事前登録、抽選制)
主催:株式会社プレイド
申し込みはこちら

【関連記事】
集英社、電子書籍アプリ「ジャンプBOOKストア!」において「KARTE for App」を導入
DeNAのタクシー配車アプリ「MOV」が「KARTE for App」を導入
プレイドとNRIデジタル、リアル店舗で取得した顧客情報を「KARTE」に連携させる実証実験に成功
KARTE、IoTデバイスで「リアル店舗の行動情報」取得に成功 オン・オフ跨いだ体験設計を可能に
KARTEがLookerと連携を開始 リアルタイムユーザーデータ共有のための環境構築が簡単に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5