SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Twitterプロモーションの最新動向を追う(PR)

イオンの新ジャンル「バーリアル」、Twitter活用で認知向上と来店促進ができた理由とは

 イオンが展開するプライベートブランド「トップバリュ」の新ジャンル「バーリアル」は、累計販売数20億本を突破する人気商品だ。同商品のキャンペーンをTwitterで行ったところ、多くの新規顧客を獲得できたという。キャンペーンの内容や成果について、同社でオンライン・オフラインの広告を手がける松本裕氏に話をうかがった。

Twitterで若年層へのリーチとユーザーの声の創出を

MarkeZine編集部(以下、MZ):イオンのTwitterアカウントは2015年10月に開設されたそうですが、普段はどのような運用を行っていますか。

イオンリテール株式会社 営業企画本部 デジタル企画部長 松本裕氏
イオンリテール株式会社 営業企画本部 デジタル企画部長 松本裕氏

松本:イオンのプライベートブランド「トップバリュ」では毎月のように新商品が出るので、その紹介を行う他、クリスマスやお正月、ゴールデンウィークといったシーズンごとのイベント情報を発信しています。

 我々のお客様は40代の主婦の方が多いため、接点の少ない若年層の方へのアプローチを強化するべくTwitterを活用しています。また、主婦の方に向けても忙しく時間がなくても簡単に情報収集ができたり、商品情報を端的に理解したりしてもらえるようなツイートを日々考え、ツイートしております。

MZ:今回Twitterで「トップバリュ」の新ジャンル「バーリアル」のキャンペーンを行ったと聞いています。どのような課題からキャンペーン実施に至ったのでしょうか。

松本:課題としてあったのは、「トップバリュ」というブランド自体の認知はすごく高いのに対し、個々の商品についての認知が少し弱いという点です。

 また、イオンの店舗にはこれまで、結婚したり子供が生まれたりした方の来店頻度が高くなる傾向があったのですが、近年20代から30代の方との接触頻度が低くなかなかイオンの商品やサービスの情報を伝えられていませんでした。そのため、結婚や出産を経ても店舗にいらしていただけないことも増えていました。

 そうした若年層の方々にキャンペーンをきっかけに店舗へ来ていただいて、商品を試していただき、「バーリアル」の良さを知ってもらいたいという目的もありました。

Twitterは第三者からの評判が伝わるプラットフォーム

MZ:たくさんある「トップバリュ」の商品の中で、「バーリアル」をキャンペーン対象商品としたのはなぜでしょうか。

松本:「バーリアル」は、大手ビール飲料メーカーによる国内製造で品質がとても高く、1本78円と低価格も実現しています。我々としても自信のある商品なのですが、まだ試していただいていないお客様もいらっしゃるので、まずは多くの方に一度飲んでいただきたいという思いがありました。

バーリアル
バーリアル

MZ:キャンペーンの場としてTwitterを選ばれたのはなぜでしょうか。

松本:ネット上には「『トップバリュ』商品の品質が悪いのではないか」という印象を持たれている方もいて、それを払拭したいのが大きかったですね。アンケート調査をしてみて驚いたのですが、特に「バーリアル」に関しては「価格が安すぎて逆に不安」だと感じる方もいらっしゃいました。

 今は広告の信頼度が落ち、企業が発信する情報があまり信頼されなくなっています。そのため、「我々が良い商品です」と伝えるのではなく、第三者から商品の良さが伝わるようにしたいと思い、Twitterをキャンペーンのプラットフォームとして選択しました。

次のページ
商品の特徴が伝わるフォロー&RTキャンペーンに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Twitterプロモーションの最新動向を追う連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

平田 順子(ヒラタ ジュンコ)

フリーランスのライター・編集者。大学生時代より雑誌連載をスタートし、音楽誌やカルチャー誌などで執筆。2000年に書籍『ナゴムの話』(太田出版刊)を上梓。音楽誌『FLOOR net』編集部勤務ののちWeb制作を学び、2005年よりWebデザイン・マーケティング誌『Web Designing』の編集を行...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング