MarkeZine(マーケジン)

記事種別

求められるマーケティング投資の再配分 「Datorama」でコロナ危機に立ち向かう

2020/06/03 10:00

 世界規模の新型コロナウイルス危機は、企業のマーケティング活動にも影響を及ぼし始めている。先行きが見えない中、今多くの企業でマーケティング投資の見直しが迫られているのだ。適切なマーケティング投資を行うためには、各施策の成果を正確に測る必要がある。本稿では、セールスフォース・ドットコムが提供するマーケティング・インテリジェンス プラットフォーム「Datorama(デートラマ)」を活用しこの危機に立ち向かう企業の取り組みを紹介する。

目次

コロナ危機で見直されるマーケティング投資

 セールスフォース・ドットコムが提供するマーケティング・インテリジェンス プラットフォーム「Datorama(デートラマ)」は、分散する各種マーケティングデータを収集・整理し、複数のデータソースを関連付けてマーケティングのパフォーマンスを俯瞰して可視化・分析することができる。

 新型コロナウイルスの影響からマーケティング投資の見直しが迫られる中、「Datorama」を活用し、いち早く危機に立ち向かっている企業がある。彼らはこのコロナ危機をどのように受け止め、どのようにデータドリブンマーケティングを推進しているのだろうか。各社の取り組みを紹介する。

マーケティング効果を最大化

リアルタイムで施策の効果を確認
取捨選択していく

ダイキン工業株式会社 総務部宣伝グループ 土井智保子氏
ダイキン工業株式会社 総務部宣伝グループ 土井智保子氏

「新型コロナウイルスの影響を受けている今、これまで以上にマーケティング投資には取捨選択が必要です。そして、この取捨選択を行う際、Datoramaは本当に役立ちます。リアルタイムで施策の効果を確認し、費用対効果が良くないものはすぐにやめ、費用対効果が高いものに投資していく。限られた予算を効率的に使うには、リアルタイムで勇断していく必要があるので、Datoramaをもっと活用していきたいです」

Datoramaは波乱の航海における「羅針盤」

ネスレ日本株式会社 媒体統括部 メディアスペシャリスト 小堺吉樹氏
ネスレ日本株式会社 媒体統括部 メディアスペシャリスト 小堺吉樹氏

「不確実性の高い状況下において、現状をスピーディーかつ正確に把握し、意思決定をしていく重要性が増しています。Datoramaによる広告の配信効率やエンゲージメントのライブモニタリングは、このような状況下においても有効なPDCAを可能にする。いわば、波乱の航海における羅針盤のようなものだと捉えています」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5