SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』プレミアムイベント

リアルな顧客接点が激減したニューノーマル時代でも変わらないBtoBマーケティングの本質

 「実務」「実践」「再現性」の切り口から、マーケティングの次の一手を探る「MarkeZine Day PremiumWebinar」。7月1日に行われた回では、「ビジネスの前提が変わる中、変化に対応できる強いBtoBマーケ組織を作る」をテーマに、ブイキューブの佐藤岳氏、freeeの中東孝夫氏が登壇。展示会でのリード獲得や対面の商談など、顧客とのリアルなタッチポイントを大きく失った、BtoBビジネス。しかし、パネリストの2人は揃って「本質は何も変わらない」と力強く語る。

コロナ禍でも問合せが殺到 ブイキューブ、freeeの対応

 セッションの序盤、ライトニングトークでは、新型コロナウイルスの影響で「起きた変化、変わらなかったこと」が語られた。営業部門を含めて、リモートワーク対応となった両社。クラウド型テレビ会議システムを提供するブイキューブの佐藤氏は、「案件化率、受注率ともに向上しました。急増したお問い合わせにも、適切に対処できています」と語る。

 佐藤氏は、2015年に同社へ入社して以来、オウンドメディアによるリード獲得、マーケティングと営業チームのビジネスプロセス構築、そして時間と場所に縛られない働き方の浸透と、数年に渡って課題を解決してきた立役者だ。この仕組み化が成功したからこそ、リモートワーク下でもパフォーマンスが向上したのである。

(左)freee 執行役員/VP of Marketing 中東孝夫氏
ブイキューブ マーケティング本部 本部長 佐藤岳氏

 そして「リード数に大きな変化はなかった」と話すのは、freeeの中東氏。クラウド会計システムのfreeeでは、これまで経理業務の工数削減・効率化を訴求していたサイトメッセージを、バックオフィスからのリモート化を促す内容へ変えた。コロナ禍で、同社が顧客へ提供できる価値は何かを改めて考え直したという。

 また、オンラインセミナーへの参加者数が、平常時よりかなり増大したことにも中東氏は言及。半日かけて行われる大型のカンファレンスに比べ、2時間弱のコンパクトなセミナーが可能になったこと、そしてリモートワークの普及に伴い、参加率が高まったのではないかと分析しているそうだ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
顧客事例の多様な展開で顧客の「知りたい」に対応する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』プレミアムイベント連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

マチコマキ(マチコマキ)

広告営業&WEBディレクター出身のビジネスライター。専門は、BtoBプロダクトの導入事例や、広告、デジタルマーケティング。オウンドメディア編集長業務、コンテンツマーケティング支援やUXライティングなど、文章にまつわる仕事に幅広く関わる。ポートフォリオはこちらをご参考ください。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/07/29 08:00 https://markezine.jp/article/detail/33881

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング