SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

「溜めるため」から「みんなが使うため」へ―― ライオンがマクロミルと進めるデータ活用プロジェクト

 自社が保有する様々な生活者データ、ECサイトやアプリなどから集積されるログデータなど、企業には膨大な量のデータが集まっている一方で、十分に活用できていない、何から着手すれば良いかわからないと悩む声も聞こえてくる。このような課題に応えるべく、マクロミルではデータ活用コンサルティングサービス「Market data Analytics Guide(略称:MAG/マグ)」を開始し、企業のデータ活用推進を支援している。本記事では、サービス誕生の背景や、クライアントに対してどのようなサポートを提供しているのかについて、現在共にDMP開発に取り組む、ライオンの比留間氏とマクロミルの瀬川氏に話をうかがった。

企業とデータの間に入り、データ活用を支援

――はじめに自己紹介をお願いします。

比留間:ライオンの比留間です。私の業務領域としては大きく2つ。ライオンのオウンドメディア「Lidea(リディア)」の運営と、データマネジメントプラットフォーム(以下、DMP)の開発を行っています。得られたデータから生活者の生活様式やインサイトをどう抽出するか、どのようにマーケティングアクティビティに活用していくのかを考え、データを“生きた状態”にするまでが担当です。

瀬川:私はクライアント様のデータ活用支援として、データの取得から蓄積、その後の活用・分析、運用までを統合的に支援する新事業「Market data Analytics Guide(略称:MAG/マグ)」を統括しています。現在はメンバーと共に、ライオンさんや複数のクライアント様のプロジェクトに入らせてもらっています。

――では早速、ライオンさんのデータ活用推進の背景をお聞かせください。

比留間:お客様が、何を、どのような目的で購入するのか、そしてその人はどんな属性をもっているのか、アンケートでは出てこない深いインサイトについてデータを通じて把握し、商品やコミュニケーションに活かすことを目指してきました。一人ひとりの生活スタイルを深く知ることで、我々のプロダクトがどう寄与できるのかが見えてくると考えています。

 こうした考え方に基づき、弊社は2014年に「Lidea」を開発し、同時期にDMPを導入しています。カスタマージャーニーやインサイトをデータから導き出すことを構想していたものの、当時のプラットフォームでは難しいこともあったようです。私が入社した2018年には、DMPの再開発プロジェクトが立ち上がっており、同時に「Lidea」の大幅リニューアルも行われました。

ライオン株式会社 ビジネス開発センター エクスペリエンスデザイン デジタルコミュニケーション開発チーム ディレクター 比留間 徹氏
ライオン株式会社 ビジネス開発センター
エクスペリエンスデザイン デジタルコミュニケーション開発チーム ディレクター 比留間 徹氏

――再開発はどのように進んでいったのでしょうか。

比留間:DMP基盤の再構築を進め、良いものができたと感じたのですが、実際にデータを入れたり、活用の下準備を始めた段階で、思うようなパフォーマンスを出せない部分が見つかりました。データを“使うため”のDMP開発になっていなかったのだと思います。

 現場で起こったある課題を解決するために、マクロミルさんにトラブルシューティング的に入ってもらったのが、取り組みを共にするきっかけでした。その後プロジェクトリードとして加わってもらうことになり、データ分析の手法や分析するためのアイデアなど、クリエイティブな部分もお願いするようになりました。

データを溜めるだけではなく「使う」ための改善を提案

――マクロミルさんが「MAG」を開始された背景についても教えてください。

瀬川:データ分析やデータ活用といったサービスはこれまでも提供してまいりましたが、“データを販売するまで”が弊社の主力事業でした。しかし、多くの企業において昨今、保有するデータが増え、データ活用について課題などを抱えるようになり、弊社のクライアント様からも「データの効果的な使い方を教えてほしい」「マクロミルが培ってきた分析・活用のノウハウを知りたい」という声を多くいただくようになりました。そこでデータコンサルティング領域のケイパビリティを強化すべく、「MAG」として正式にサービス化することを決意しました。

「MAG」のサービスイメージ図
「MAG」のサービスイメージ図

瀬川:はじめにライオンさんからお声がけいただいたときも、データを「溜める」だけでなく、「使う」という側面で見ると、もっとできることがあると感じました。さらに言えば、プラットフォームの設計がユーザーフレンドリーになり切っていない部分も見えてきたため、ぜひ改善のお手伝いをさせていただきたいとお伝えしたのです。

株式会社マクロミル 統合データ事業本部 データマネジメントプラットフォーム部長 瀬川順弘氏
株式会社マクロミル 統合データ事業本部
データマネジメントプラットフォーム部長 瀬川順弘氏

比留間:「企業」とその中にある「データ」の中間に入っていただいているイメージなのですが、それを事業としてやっている会社はあまり見かけない気がします。特殊な立ち位置ですよね。

瀬川:確かにマーケティングデータとなると、テクノロジー側からアプローチするか、コンサルティングのような上流側からいくかのどちらかで、中間のポジションは空いているかもしれません。さらに、実際にデータを使った現場の業務を一緒に進めるとなると、請け負うノウハウをもっている企業はもっと少なくなる。アカデミックな領域での議論は深まっている一方で、ビジネスの実情にあわせてデータをハンドリングできる人材があまり増えていないように感じます。

次のページ
「みんな」が使えないと意味がない。オープン化にこだわる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

畑中 杏樹(ハタナカ アズキ)

フリーランスライター。広告・マーケティング系出版社の雑誌編集を経てフリーランスに。デジタルマーケティング、広告宣伝、SP分野を中心にWebや雑誌で執筆中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング