SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

モバイル広告プラットフォーム「Pangle」がリブランディング アプリ企業・広告主が得られるメリット

Pangleリブランディングで広告主/アプリパブリッシャーは何が得られる?

MZ:続いて、Pangleがどのようなリブランディングを行ったのか教えてください。

TikTok For Business Japan:Pangleの新しい理念に沿って、新しいロゴとビジュアル・アイデンティティ・システムを変えていきます。また、成長を遂げるために、ミッションとビジョン、コアバリューのアップグレードを行いました。特にミッションの「モバイルアプリにおける開発と創造性の促進」に関しては、今後の事業計画や製品アップデート時の指針となります。

MZ:今回のリブランディングによって、広告主とアプリ事業者はどういったメリットを受けることができるのでしょうか。

TikTok For Business Japan:広告主は、広告のエンゲージメントを高め、ターゲットオーディエンスとの良好な接続を維持できる可能性が高まります。なぜなら、非常に魅力的な動画リワード広告や、インタラクティブなプレイアブル広告など、当社最高クラスの広告プロダクトを使用することができるからです。

 また、ゲームや漫画、金融など特定カテゴリで良質なリーチを取りたい方には大きなメリットが提供できると考えています。これらのカテゴリの広告在庫に関しては、潤沢に保有しているためです。

 そしてアプリ提供企業に関しては、アプリの成長に向けた最大限のサポートが受けられるというメリットがあります。ユーザーの獲得からマネタイズ、最適化まですべてに対する支援が可能なのがPangleの魅力です。

 これらのアプリ収益化の支援が可能な理由は2つあります。1つはPangleがインタラクティブで高性能な動画広告フォーマットを提供しているから。もう1つは、インテリジェント広告テクノロジーを搭載しているからです。これら2つの理由によって、コンバージョンの最大化と高いeCPMを実現でき、高いビジネス成果を創出することが可能です。

 ユーザー獲得やマネタイズに関するノウハウが少なく、リソースも限られている小規模アプリ開発者やパブリッシャーでも、Pangleの専門家チームに相談しながら、ユーザー獲得と収益化を目指すことができます。

アプリ内入札でさらなる収益化を

MZ:広告主、アプリパブリッシャー、ユーザーすべてにメリットのあるサービスを提供するためのリブランディングであることがわかりました。最後に今後の展望を教えてください。

TikTok For Business Japan:直近に関しては、アプリ内入札の機能提供を予定しています。こちらの機能を利用すると、アプリの在庫はすべての需要ソースに解放され、従来のウォーターフォール戦略のような過去の統計に基づくのではなく、リアルタイムで最⾼⼊札価格を獲得することができます。そのため、さらなる収益増加が見込めるようになります。

TikTok For Business Japan:また、中長期的にはユーザー獲得、収益化、広告フォーマットの3つの視点でPangleのアップデートを考えています。

 ユーザー獲得に関しては、ターゲティングの精度を向上させるために、PangleのオーディエンスパッケージツールやAEO(アプリイベント最適化)を継続的に拡大していきます。

 収益化のところはアプリパブリッシャーの収益最大化を実現するため、アプリ内入札機能を導入する以外にもトラフィックも増やし続け、eCPMを高める取り組みを行います。

 また、リリース以降ご利用いただいている広告主様はゲームと漫画が中心でしたが、今後は金融やマッチングアプリ、ライブストリーミングアプリなど様々なジャンルの広告主様に拡大し、多様性のある収益構造を目指します。

 最後に広告フォーマットに関しては、今後多様なインタラクティブ広告フォーマットの追加を検討しています。これまではプレイアブル広告フォーマットのみでしたが、今後コンバージョンにつながりやすい新たなインタラクティブ広告フォーマットも提供します。さらに、インタラクティブ広告の自動作成ツールの導入も考えており、より簡単に効果の上がる広告フォーマットの開発をしていきたいです。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/23 10:00 https://markezine.jp/article/detail/34325

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング