SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CCCマーケティング、Noveraと協業 肌分析AIを活用し美容領域のマーケティング活動を支援

 CCCマーケティングと、肌と相性の良い化粧品のをレコメンドするスマートフォンアプリ「viewty(ビューティ)」を提供するNoveraは、美容領域に関わる様々な企業へのマーケティング活動支援に向けた協業を開始した。

 第一弾として「肌分析API」を活用したオンライン提案から購買までを促す広告メディアの配信を始めた。

 「肌分析API」とは、生活者がスマートフォンで自撮りをするだけで、「肌分析AI」が肌診断を行い、その診断結果に応じて、相性の良いスキンケア商品がレコメンドされるNoveraが提供するサービスだ。

 今回の協業では、「肌分析API」による一人ひとりの肌状態に合わせた化粧品の提案と、CCCマーケティングが有する広告メディアでの配信を一気通貫で提供していく。T会員に実施した概念実証では、「肌分析API」を組み込んだ広告メールを受け取った人は、対象の化粧品への興味・関心が高まることがわかった。

 「新しい生活様式」の中で、化粧品メーカーや小売店においても、店頭カウンターやプロモーションスペースを活用した対面でのコミュニケーションが難しい。そんな中、生活者への提案から広告メディアの配信までをオンライン上で可能にするため、提携に至った。

 また、両社は実店舗においても「肌分析API」を活用した新しいサービスを検討していく。年間50億件超におよぶ購買データと7,000万人を超えるT会員ライフスタイルデータを統合したデータベースに、Noveraが有する肌データを連携して新たに「美容データベース」を構築することで、美容領域に関わる様々な企業とのコラボレーションを図っていく予定だ。

【関連記事】
CCCマーケティング、7,000万人超のデータを基にしたライフスタイル分析サービスを提供開始
RettyとCCCマーケティングが協業 外食クチコミデータを活用した分析サービスを提供開始
CCCマーケティング、生活者の思いを発信する「CCCマーケティング総合研究所」を設立
CCCマーケティングとヤプリ、デジタルプラットフォーム事業において協業を開始
CCCマーケティングと献立自動作成アプリのミーニューが提携 新たな献立提案事業やECサービスを提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/24 07:45 https://markezine.jp/article/detail/34385

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング