SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

子ども向け携帯フィルタリングサービス利用者数は、半年で1.6倍の340万人【電気通信事業者協会調べ】

 社団法人電気通信事業者協会(TCA)が、子どものアクセスを制限する「有害サイトアクセス制限サービス」(フィルタリングサービス)の利用状況を調査したところ、携帯電話・PHS事業者各社におけるフィルタリングサービス利用者数は2008年3月末時点で約340万。この半年間で133万人増加し、利用者数は約1.6倍(約133万増)となっている。

 携帯電話・PHS事業者各社のフィルタリングサービス利用者数実績(端末機能でのフィルタリング利用者等を除く)の推移を見ると、2006年9月末の63万1,000人から、2007年9月末には147万増の210万1,000人、そして2008年3月末には133万増の342万6,000人となっている。

 携帯キャリア各社は2008年に入って、未成年(18歳未満)の新規契約者と既存契約者に対してフィルタリングサービスの認知拡大・利用促進に取り組んでおり、「フィルタリングサービスはいらない」という意思を示す場合は親権者の同意が必要になる。

【関連リンク】
DeNA、携帯フィルタリング問題の早期打開と「モバゲー=若者向けサイト」からの脱却をはかる
3大キャリアも発起人に、「モバイルコンテンツ審査・運用監視機構」設立
【携帯フィルタリング意識調査】9割以上の保護者が「フィルタリングサービスは必要」と回答
モバゲー包囲網?携帯フィルタリング騒動の裏にあるもうひとつの背景
モバゲーを運営するDeNAの時価総額は1500億円毀損、携帯フィルタリング導入政策の大きすぎる波紋

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング