MarkeZine(マーケジン)

記事種別

音部大輔氏×菅原健一氏×青木耕平氏が語る、メーカー・ブランド企業におけるD2Cの可能性/参加無料

2020/10/27 13:50

 クラシコムは11月9日(月)、「大企業のブランドマーケター必見!パーパスドリブンとD2Cの関係性」と題したセミナーを開催する。

 本セミナーは、各業界のトップマーケターを招き、マーケティングやブランドについての考え方を議論する「クラシコムサロン」の14回目。今回は、クー・マーケティング・カンパニーの音部大輔氏とMoonshotの菅原健一氏を招き、クラシコムの青木耕平氏を交えて「ブランドパーパス」「D2C」をテーマに開催する。昨今、なぜ大手メーカーがD2Cに取り組んでいるのか、小売を通じず直接顧客とつながるD2Cの利点やブランドマーケティングの在り方などを議論していく。また、様々なマスブランドのマーケティングを統括してきた音部氏は「マスブランドにとってもD2Cは大きな可能性がある」と語っている。本セミナーでは、その真意についても深堀りしていく。

 ブランドのマーケティングを統括しているCMOやブランドマネージャーはもちろん、短期的な視点だけではなく、長期的に選ばれ続けるブランドづくりに取り組んでいきたいマーケターにもお薦めのセミナーだ。

【セミナー概要】
日時:2020年11月9日(月)17:30~19:00
主催:クラシコム
形式:Zoomによるオンライン配信
費用:無料(先着申し込み順)
対象者:ブランド責任者、マーケティング責任者
※詳細・申し込みはこちらから

【関連記事】
FABRIC TOKYO、小売・メーカーのD2Cブランド立ち上げやOMO構築を支援するサービス開始
モニター デロイトとM-Force、経営・ブランド・マーケティング戦略分野で協業開始
LINEギフトの新広告メニュー「サンクスギフト」が開始 ユーザー起点のギフトでブランド体験を提供
博報堂、ブランド発想の企業・事業変革コンサルティングを開始 同社グループ横断で本格的に提供
ヤフー、アドフラウド排除とブランドセーフティ制御を強化する「リアルタイム不正解析機能」を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5