MarkeZine(マーケジン)

記事種別

サイバーエージェント、ダイナミックリタゲ広告の商品画像の最適化を行う効果予測モデルを提供

2020/10/30 13:55

 サイバーエージェントは、AI活用によりダイナミックリターゲティング広告に表示される商品画像の最適化を行う効果予測モデル「AI feed designer Plus(エーアイ フィード デザイナー プラス)」の提供を開始した。

 ダイナミックリターゲティング広告は、サイトに訪問したことがあるユーザーに対して、広告主が保有する「データフィード」と呼ばれる商品データと、Webサイト上での行動履歴を組み合せ、ユーザーごとに最適な広告を表示させる広告手法。高い広告効果が期待される一方で、広告の露出はサイトへのアクセス数に依存しており、露出時の広告効果を最大化させるためには最適な商品画像を選択することが重要だと考えられている。

 これらを背景に同社は、2019年3月より、ダイナミックリターゲティング広告向けにAIを活用したクリエイティブ効果予測モデル「AI feed designer」を提供をしてきた。通常データフィード内には1商品に対して1枚の商品画像を指定するが、「AI feed designer」は、1商品に対しデータフィード内に複数の商品画像を入れ、広告配信前に表示される商品画像の効果を予測。複数ある商品画像の中から、広告効果の高い順にランキングし、最適な1枚を選択する。

 今回新たに提供される「AI feed designer Plus」では、従来の配信前予測に加え、配信実績を基に追加学習をかけることで、効果予測の精度をさらに高めた。

タップで拡大
タップで拡大

 追加学習の実装においては、ABEJAが開発した、AIモデルの開発・運用プラットフォーム「ABEJA Platform」を活用。広告主が保有するデータを基に、複数の画像素材の中から最も予測CTRが高い画像を選定するAIモデルの再学習を行っている。なお、実証実験では、最大約20%のCPAの改善が確認されている。

 現在、同モデルは、Yahoo! JAPANおよびCriteoの広告配信に対応。今後、連携媒体は拡大予定だ。

【関連記事】
サイバーエージェントと富士通、子会社とオンライン服薬指導向けプラットフォーム構築プロジェクトを開始
サイバーエージェント、ファッションライバーももちと「MOMOCHI no AOJIRU」を開発・販売
サイバーエージェント、D2Cブランドと小売店舗のマッチングプラットフォームを提供
サイバーエージェント、エンタメ向けオンラインイベント配信を行う子会社「CyberArrow」を設立
伊藤忠商事、ファミリーマート、NTTドコモ、サイバーエージェント、広告事業に関する新会社設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5